NEW

キタサンブラック「攻略法」をサトノ軍団が示した!? 宝塚記念(G1)を勝った大物調教師が「一人二役」をこなしたM.デムーロ騎手の神騎乗を絶賛!


 昨年の有馬記念(G1)だ。2着となり、連勝を止められたキタサンブラックの鞍上・武豊騎手がレース後、悔しそうにそう言葉を漏らしていた。

「2番手から(の競馬)は想定通り。最後もいいタイミングで差し返せたかと思ったのですが……3コーナーでサトノノブレスにつつかれたのが痛かった」

 レースが残り1000mを切った辺りだ。サトノノブレスがやはり早め進出の気配を見せ、外からキタサンブラックを刺激。その結果ペースが急激に上り、サトノノブレスは13着に沈んだが、約1000mのロングスパートを強いられたキタサンブラックもまた最後の最後に力尽き、最大のライバル・サトノダイヤモンドの強襲を許した。

 結果的に犠牲となったサトノノブレスと、その利を見事に活かしてキタサンブラックから勝利を得たサトノダイヤモンド。この2頭が同じ池江泰寿厩舎の管理馬で、里見治氏がオーナーを務める「サトノ軍団」だったため、武豊騎手が「組織力」という表現を使ったのだ。

 当時はこの”連携プレー”が多くの賛否両論を生んだが、その是非はさておき、少なくとも現役王者キタサンブラックが敗れる1つのパターンが見られたことは確かだった。

 実際に、当時のキタサンブラックは京都大賞典(G2)とジャパンC(G1)を連勝中であり、この有馬記念の後も大阪杯(G1)と天皇賞・春(G1)を連勝している。つまり「負けることの方が珍しい」といえるほど抜けた存在だったということだ。だからこそ、この有馬記念は”打倒キタサンブラック”を狙うライバル陣営には大いに参考になったことだろう。

キタサンブラック「攻略法」をサトノ軍団が示した!? 宝塚記念(G1)を勝った大物調教師が「一人二役」をこなしたM.デムーロ騎手の神騎乗を絶賛!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと