NEW

キタサンブラック「攻略法」をサトノ軍団が示した!? 宝塚記念(G1)を勝った大物調教師が「一人二役」をこなしたM.デムーロ騎手の神騎乗を絶賛!


 そして、それを見事に実践したのがサトノクラウンであり、鞍上のデムーロ騎手だったというわけだ。

 サトノクラウンはペースが遅い、つまりは前を行くキタサンブラックのペースになっているとみるや、まず「ノブレス役」になってキタサンブラックを刺激。有馬記念のノブレスはそのまま先頭集団にプレッシャーを掛け続けて大敗したが、宝塚記念のサトノクラウンはスパートを開始した先頭集団についていかず、あえて自重。次の瞬間には「ダイヤモンド役」に転身して、ペースが上がった”利”を得たということだ。

 競馬界屈指の慎重派で鳴らす堀調教師が珍しく「一番のポイント」と手放しでデムーロ騎手を絶賛したことには訳がある。結果的に「一人二役」となったこの騎乗が決して簡単なことではないからだ。

 競走馬は基本的に一度急激な加速、つまりはゴーサインを出すと燃え尽きるまで全力で走り続ける性質がある。それを「まだ早い」という理由で止めようとしても、多くの馬はそれを理解できずに結果的に騎手とケンカをする。いわゆる折り合いを欠いた状況だ。

 例えば、今年の天皇賞・春のシャケトラにはスタートで出遅れるというアクシデントがあった。鞍上の田辺裕信騎手は、その遅れを取り戻そうとスタート直後から加速。しかし、それをゴーサインと受け取ってしまったシャケトラは、出遅れたポジションを回復した後もずっと前に行きたがり、結果的にそれを止めようとした田辺騎手との折り合いを欠いて9着に惨敗している。

 したがって、今回の宝塚記念でサトノクラウンに刺激されたキタサンブラックの武豊騎手、シュヴァルグランの福永祐一騎手、シャケトラのC.ルメール騎手といった面々はスパートするには「まだ早い」と重々理解していながらも、止めようとして馬とケンカをして余計な力を消耗させてしまうくらいなら、ベストではないが「このままゴールまで行かせた方がいい」という判断でスパートしたということが考えられる。

キタサンブラック「攻略法」をサトノ軍団が示した!? 宝塚記念(G1)を勝った大物調教師が「一人二役」をこなしたM.デムーロ騎手の神騎乗を絶賛!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  4. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  5. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待