NEW

絶好調のサトノ軍団が競馬界を制圧。 里見治会長は7月のセレクトセールで20億円投入で素質馬買い占めか?

【この記事のキーワード】, ,
絶好調のサトノ軍団が競馬界を制圧。 里見治会長は7月のセレクトセールで20億円投入で素質馬買い占めか?の画像1

 今最も勢いのある馬主が誰かと聞かれれば、それはサトノダイヤモンドの馬主である里見治氏をおいて他にいないだろう。

 昨年は菊花賞を皮切りに香港を含め G1レースを4勝、今年に入って春の天皇賞はキタサンブラックに敗退したもののサトノアラジンが安田記念を勝ち、そしてサトノクラウンが宝物記念で見事勝利をおさめた。昨年の菊花賞以降1年たたずになんとG1レースを6勝もしているのだ。

 所有頭数の少ない個人馬主でこれだけの快挙を成し遂げたのは近年では稀であり、個人馬主として鎬を削ってきたディープインパクトの金子氏やアドマイヤの近藤氏などを差し置いて、クラブ法人を除く個人馬主ランキングではトップを快走している。

 里見氏が会長を務めるセガサミーグループは、今年に入り韓国にカジノリゾート「パラダイスシティ」をオープンさせるなど更なる発展を遂げており、今非常に勢いに乗っている。本業の業績も好調で、公私ともにまさに飛ぶ鳥を落とす勢いなのである。

 里見氏の特徴はノーザンファームと社台ファームを中心とした社台グループの素質馬を購入し、東西のトップ厩舎に預け、ルメールやデムーロといったトップジョッキーに騎乗させていること。一流の馬を一流の厩舎に預け一流の騎手に託す、それはある意味競馬の王道といえるだろう。

 特にサトノダイヤモンド、サトノアラジンを預ける西の池江泰寿厩舎、そしてサトノクラウンを預ける東の堀宣行厩舎、この両名は東西を代表するトップ調教師であり、またサトノアレスは名門藤沢和雄厩舎に預けるなどまさに盤石の態勢である。鞍上もルメール、デムーロ、川田といった関西のトップジョッキーが主戦で、2016年以降重賞を15勝しているがそのうち13勝がこの3人だ。

 そして所有馬はセレクトセールで購入した馬が多く、2016年も13頭を購入しその合計はなんと13億2700万円(税込14億3316万円)と破格の金額。ただし過去に落札した11頭の「億超え馬」で活躍したといえるのは数えるほどしかいない。もちろんこれからの馬もいるが、決して里見氏の期待通りだったとはいえないだろう。

絶好調のサトノ軍団が競馬界を制圧。 里見治会長は7月のセレクトセールで20億円投入で素質馬買い占めか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々