NEW

武豊の異様な「日記」に不安と心配の声多数……ショック過ぎる内容に「こんな武さんは見たくない」「元気出して」の声殺到

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊の異様な「日記」に不安と心配の声多数......ショック過ぎる内容に「こんな武さんは見たくない」「元気出して」の声殺到の画像1

 競馬界を代表するジョッキー・武豊騎手。今後100年は更新できないであろう数々の記録に彩られた騎手人生は、世界的に見ても他の追随を許さない。

 そんな武騎手だが、今多くのファンが「心配」している。それが、「武豊公式サイト」で30日に公開された日記だ。

 武騎手は日記でこう綴っている。

「うれしいことがあり、そうでもないこともあった、先週の競馬。今週末は、中京でたくさんのいいことに出会えるように頑張ります」

 文面だけを見れば特に何かあるというわけではないが、それまでに至る経緯を考えると、ファンとしては不安を感じずにはいられないようだ。

先週の「うれしいこと」といえば、今月24日の阪神競馬3レースの3歳未勝利を勝利し、前人未到のJRA通算3900勝を達成したことだろう。他にもデビュー以来31年連続重賞勝利やG1競走73勝、重賞316勝など2位以下を大きく突き放す記録を有しているが、また一つ勲章が増えた形である。

「そうでもないこと」はその翌日、25日の宝塚記念で間違いあるまい。大本命視されたキタサンブラックがまさかの9着惨敗。レコードを記録した天皇賞・春の反動や夏の疲れなどさまざまな要因があったが、結果としてオーナーの北島三郎は期待された秋の「凱旋門賞挑戦」を取りやめる意志を示してしまった。武騎手は以前よりキタサンブラックでの凱旋門賞挑戦を強く望んでいたが、叶わないことが決定してしまったわけだ。

武豊の異様な「日記」に不安と心配の声多数……ショック過ぎる内容に「こんな武さんは見たくない」「元気出して」の声殺到のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!