NEW

武豊騎手と川田将雅騎手がJRAに「苦言」!? 同世代でハンデ7kg差……ラジオNIKKEI賞(G3)はハンデ戦である必要があるのか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊騎手と川田将雅騎手がJRAに「苦言」!? 同世代でハンデ7kg差......ラジオNIKKEI賞(G3)はハンデ戦である必要があるのか?の画像1

「重賞を勝っていない馬に57kgは、あまりにも重たいですね……」

 2日に行われたラジオNIKKEI賞(G3)。石川裕紀人騎乗のセダブリランテスがクビ差の接戦を制し、人馬とも初の重賞制覇を飾った一方で、レース後に無念の表情を隠せなかったのが1番人気のサトノクロニクルに騎乗していた川田将雅騎手だった。

 前走の白百合S(OP)を快勝したことでトップハンデとなったことが考えられるが、同世代で最大7kgの斤量差を背負ってのレースは酷だったか。勝負所で早々と手応えが怪しくなり、川田騎手も必死にファイトしたが結果は6着。2006年からハンデ戦となったラジオNIKKEI賞だが、未だ57kg以上を背負って勝利した馬はいない。

「ここ数年(57kgを背負った馬が)勝っていないのに、もう少し考えてほしいです」

 よほど悔しかったのか、最後は抑え切れずにJRAに苦言を呈す格好となった川田騎手。確かにハンデ戦となって以降の12年間で54kg以下の軽量馬が9勝しており、ハンデを背負う実績馬よりも、実績のない軽量馬がやや有利な状況となっているようだ。

 実は、昨年も今回の川田騎手と似たような状況があった。

「ラジオNIKKEI賞のブラックスピネルは、57キロのハンデと、大外枠という二重のハンデが効きました。この時期の3歳馬に上下7キロもの斤量差が必要なのかどうか、今後のためにも考えてほしいと思いました」(原文まま)

 昨年のラジオNIKKEI賞に関して、自らの公式ホームページでそう語ったのは武豊騎手だ。武豊騎手が騎乗したブラックスピネルも、サトノクロニクルと同じように白百合Sを勝っての参戦だったが、やはり57kgが応えたのか5着に敗れている。

武豊騎手と川田将雅騎手がJRAに「苦言」!? 同世代でハンデ7kg差……ラジオNIKKEI賞(G3)はハンデ戦である必要があるのか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!