NEW

社台の「ルメール忖度」が止まらない!? 皐月賞馬アルアインも”強奪”で松山弘平騎手無念……

【この記事のキーワード】, ,
社台の「ルメール忖度」が止まらない!? 皐月賞馬アルアインも強奪で松山弘平騎手無念......の画像1

 今年の皐月賞を制したアルアイン(牡3 栗東・池江泰寿厩舎)の秋ローテーションが所属するサンデーサラブレッドクラブから発表された。アルアインは9月18日に開催されるセントライト記念(G2)を経て、10月22日(日)開催の菊花賞(G1)に向かい、クラシック2冠制覇を狙うという。

 このローテーションは昨年のディーマジェスティ、14年のイスラボニータらなど歴代の皐月賞馬が辿った王道。これに異を唱える者はいないだろう。

 だが、問題視されるのはその騎手だ。クラブはこれと同時に、主戦騎手を松山弘平騎手からC.ルメール騎手へと変更するとも発表している。

 松山騎手の乗り替わりは前走の日本ダービー(G1)開催前にも一度ささやかれた。そのときは結局、変更はなかったのだが、秋競馬を迎えるタイミングで無念の交代となってしまった。

「9番人気だったアルアインで皐月賞を制した松山騎手の手腕は素晴らしかったです。またダービーも勝つことはできませんでしたが、それでも5着に入るなど一定の成績は残していました。今後も主戦騎手を務めると思われていたのですが……。この乗り替わりには、松山騎手本人が一番悔しさをにじませていると思います」(記者)

 ベテランの奮闘、海外騎手の活躍、さらに地方で実績ある騎手の中央移籍などもあり、競馬界では若手騎手の騎乗機会の減少が叫ばれて久しい。そんな中、それに割っているかのように皐月賞を制した松山騎手は、久しぶりに誕生した若手騎手のホープとして期待されていた。だが、その芽を摘むかのように、あっさりと外国人騎手に乗り替わりが行われてしまうのが現状だ。これでは若手が育つはずもない。

「勝負事は勝つことが至上命題。そのための確率を少しでもあげるべく、陣営が動くのはわからなくはないです。しかし、G1を制した騎手があっさり下ろされてしまう姿を見てしまうと、やはり今後の競馬界に対しての不安が頭をよぎりますよ」(競馬ライター)

社台の「ルメール忖度」が止まらない!? 皐月賞馬アルアインも”強奪”で松山弘平騎手無念……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  3. JRAサトノダイヤモンドら「大苦戦」の中でリーディング首位快走! ディープインパクト後継争い尻目に「米国の刺客」から第2のジオグリフ誕生の予感
  4. 福永祐一に“盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相
  5. スプリンターズS(G1)「引退レース優勝おめでとう」から呆然…JRA関係者も予期していなかった「まさか」のラストラン
  6. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  7. JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…
  8. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  9. “反則スレスレ”の強烈タックルに泣いた「暴君」オルフェーヴル、弾き返した「不沈艦」ゴールドシップ。約10年の時を経てオールカマー(G2)で激突する「因縁」の名馬の血
  10. 【オールカマー(G2)予想】3冠牝馬デアリングタクトは自信の消し! データから拾った「走り頃」な馬を狙い撃ち