NEW

横山典弘騎手が七夕賞(G3)で3年連続の「ポツン」……”お馴染み”の最後方待機から一昨年は「早め進出」昨年は「イン突き」そして今年は……

【この記事のキーワード】, ,
横山典弘騎手が七夕賞(G3)で3年連続の「ポツン」......お馴染みの最後方待機から一昨年は「早め進出」昨年は「イン突き」そして今年は......の画像1

『最後方、遅れて2番のスズカデヴィアス……』

 古来、戦国時代から軍の最後方「殿(しんがり)」は特に優れた人物が抜擢されることが多い。例えば1570年の金ヶ崎の戦いで義弟・浅井長政の裏切りを受け、撤退を余儀なくされた織田信長軍の殿を務めたのが木下藤吉郎だった。ご存知、後の豊臣秀吉である。

 それとはまったく関係ないが、どうやら7月競馬の風物詩・七夕賞(G3)の「シンガリ」を務めるのは関東の大ベテラン・横山典弘騎手となったようだ。これで3年連続の”大役”である。

 今年で53回の歴史を誇る七夕賞だが競馬が「西高東低」といわれて久しい中、ここ10年で関東の騎手が8勝しているように、関東勢が圧倒的な成績を収めている数少ない重賞として知られている。しかし、意外にも横山典騎手は未だ七夕賞を勝ったことがない。

 9日に行われた今年の七夕賞でも4番人気のスズカデヴィアスに騎乗していた横山典騎手だったが、スタートで立ち遅れるとまったくリカバリーする素振りを見せず、早々に腹を括っての最後方待機が決まった。

横山典弘騎手が七夕賞(G3)で3年連続の「ポツン」……”お馴染み”の最後方待機から一昨年は「早め進出」昨年は「イン突き」そして今年は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  3. JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?
  4. JRA【平安S(G3)予想】大本命テーオーケインズから紐荒れ狙いで「好配当」狙う穴馬をピックアップ
  5. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  6. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  7. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  8. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  9. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  10. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ