NEW

横山典弘騎手が七夕賞(G3)で3年連続の「ポツン」......"お馴染み"の最後方待機から一昨年は「早め進出」昨年は「イン突き」そして今年は......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
横山典弘騎手が七夕賞(G3)で3年連続の「ポツン」......お馴染みの最後方待機から一昨年は「早め進出」昨年は「イン突き」そして今年は......の画像1

『最後方、遅れて2番のスズカデヴィアス......』

 古来、戦国時代から軍の最後方「殿(しんがり)」は特に優れた人物が抜擢されることが多い。例えば1570年の金ヶ崎の戦いで義弟・浅井長政の裏切りを受け、撤退を余儀なくされた織田信長軍の殿を務めたのが木下藤吉郎だった。ご存知、後の豊臣秀吉である。

 それとはまったく関係ないが、どうやら7月競馬の風物詩・七夕賞(G3)の「シンガリ」を務めるのは関東の大ベテラン・横山典弘騎手となったようだ。これで3年連続の"大役"である。

 今年で53回の歴史を誇る七夕賞だが競馬が「西高東低」といわれて久しい中、ここ10年で関東の騎手が8勝しているように、関東勢が圧倒的な成績を収めている数少ない重賞として知られている。しかし、意外にも横山典騎手は未だ七夕賞を勝ったことがない。

 9日に行われた今年の七夕賞でも4番人気のスズカデヴィアスに騎乗していた横山典騎手だったが、スタートで立ち遅れるとまったくリカバリーする素振りを見せず、早々に腹を括っての最後方待機が決まった。

横山典弘騎手が七夕賞(G3)で3年連続の「ポツン」......"お馴染み"の最後方待機から一昨年は「早め進出」昨年は「イン突き」そして今年は......のページです。GJは、競馬、ポツン七夕賞横山典弘の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!