GJ > 競馬ニュース > 【JDD(G1)展望】  > 2ページ目
NEW

【ジャパンダートダービー(G1)展望】今年の「地方勢」は一味違う!? 世代の頂点に立ち「怪物」エピカリスに挑戦状を叩きつけるのは……


 デビュー戦こそ芝でシンガリ負けを喫したが、ダートに替わってからは9戦して3勝2着5回3着1回と馬券圏内を外したことがない。それも現在は連勝中と、どちらかといえば勝ち味に遅かった弱点が解消されつつある状況だ。

 特に前走の兵庫チャンピオンシップ(G2)では、鋭い脚で好位から抜け出すと、最後は逃げ粘るノーブルサターンを競り落としてのゴール。3着以下には3馬身以上の着差をつけており、初の重賞挑戦でさらに内容のあるパフォーマンスを見せている。

 サンライズノヴァとは年明けの500万下で1度対戦しているが、その時は半馬身差後れを取っての2着だった。しかし、向こうもこちらもあの時とは馬が違うはず。急速に力をつけるこの時期の3歳馬だけに、改めて決着をつけることとなりそうだ。

 そんなタガノディグオとは異なり、勝ったり負けたりを繰り返しながら伸し上がってきたローズプリンスダム(牡3歳、美浦・畠山吉宏厩舎)は、なんとも不気味な存在だ。

 芝のデビュー戦こそ勝利したが2戦目で躓くと、ダートに路線変更。いきなり2着に好走し勝ち上がりも時間の問題と思われたが、次走は4着。ただ、仕切り直しとなったレースで勝ち上がっている。その後も初のオープン挑戦となった前々走の端午Sでは見せ場なく惨敗したものの、続く前走の鳳雛S(OP)ではまくり合戦を制して勝利を上げた。

 鳳雛Sではサンライズノヴァを破っており、その潜在能力は紛れもなく一級品といえるローズプリンスダム。だが、デビューからずっと好走と惨敗を1戦おきに繰り返す典型的なムラ駆けタイプなのが玉に瑕だ。今回は順番的には惨敗してしまう番だが、果たして結果は如何に……。

 ここまでは毎年圧倒的な力を見せているJRA勢だが、過去にはマグニフィカやフリオーソ、トーシンブリザードが勝利するなど、迎え撃つ地方勢にも決して勝利の目がないわけではない。

【ジャパンダートダービー(G1)展望】今年の「地方勢」は一味違う!? 世代の頂点に立ち「怪物」エピカリスに挑戦状を叩きつけるのは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合