NEW

「武豊と凱旋門賞へ」の合言葉で今年も2億6000万円落札! 昨年の期待馬もついに勝利

【この記事のキーワード】, ,
「武豊と凱旋門賞へ」の合言葉で今年も2億6000万円落札! 昨年の期待馬もついに勝利の画像1

“素質馬”の才能がついに開花した。

武豊さんと凱旋門賞に行くのが夢。そのために買いました」

 株式会社キーファーズの松島正昭氏から壮大な夢を託されたジェニアル(牡・3歳/松永幹夫厩舎)が、8日に中京競馬場で行われた3歳未勝利(芝・1400m)を快勝した。

 馬主から大きすぎる夢を託されていたジェニアル。これまでは武豊騎手をその背に乗せて3度出走するも、5着、9着、7着と惨敗。期待されていた活躍とは程遠い結果しか出ていなかった。

 だが、ついにその秘められた能力が短距離で花開いたようだ。レースで4番人気に推されたジェニアルは、スタート直後から後方に待機して脚をためる。4コーナーから進出し、直線に入ると好位置をキープ。そして、直線の残り200m。ムチを入れられたジェニアルは上がり最速33.5秒の末脚を見せ、グングンと前を行くメイショウモウコとの差を詰める。ゴール板前は混戦だったが、ジェニアルがアタマ差で激戦を制した。

 レース後、武豊騎手は「きょうは落ち着きがあった」と振り返り、そして「距離を詰めたことで、いい面がでたね」とジェニアルの短距離適性を認めたかのようなコメントを出したという。

「これまで中長距離路線ばかりで使われていたジェニアルですが、ついに自身の力をフルに使える距離を見つけたようです。夏以降の短距離路線にまた面白い1頭が登場しましたね。今日の結果には、馬主の松島氏も胸をなでおろしているのではないでしょうか」(記者)

「武豊と凱旋門賞へ」の合言葉で今年も2億6000万円落札! 昨年の期待馬もついに勝利のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  4. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  5. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  6. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  7. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  8. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」