NEW

清宮幸太郎「愛してる選手宣誓」に疑問の声多数。小林麻央さん云々は関係ない「物議の理由」とは

【この記事のキーワード】, ,
清宮幸太郎「愛してる選手宣誓」に疑問の声多数。小林麻央さん云々は関係ない「物議の理由」とはの画像1

 10日、高校野球西東京大会の開会式が行われ、早稲田実業の清宮幸太郎主将が選手宣誓を行ったのだが、その内容が物議を醸している。

 清宮選手は「私たちは野球を愛しています」というフレーズを使って宣誓。その後「私たちは野球に出会い、野球に魅せられ、野球によってさまざまな経験を重ねて、この場所に立っています。いよいよ今日から夢の舞台へのたった一枚の切符を得るための戦いが始まります。(中略)野球の神様に愛されるよう、全力で戦うことをここに誓います」などと続けた。宣誓後の取材で清宮選手は「(先日亡くなった)小林麻央さんの最期の言葉にも影響を受けた」という主旨のコメント。出来は「100点だったんじゃないですか」と胸を張ったようだ。

「愛してる」というのは、歌舞伎俳優の市川海老蔵が、小林麻央さん死去の際に記者会見で明かした小林さんの「最期の言葉」。清宮選手はそこから着想を得たようだ。海老蔵はその事実を知り、ブログで「朝から涙 こぼれおちました ありがとうございます」と清宮選手に感謝の言葉を綴った。真央さんの姉の小林麻耶もブログで「ありがとうございます」とコメントを入れた。

 当事者たちが感謝の言葉を口にしている点で何も問題ないのだが、この宣誓がニュースになった途端、ネット上では清宮選手に対しての「疑問」の声も多く出ているのが現状だ。

「高校野球の宣誓で必要か」という声が多数ではあるが、そのようなツッコミが出る理由を記者が語っている。

「清宮選手が、小林さんの言葉から着想を得たことを明かしてしまったせいでしょうね。『愛しています』というコメント自体は不自然ではないですから。当然大きくマスコミが取り上げるでしょうし、その中で一般ネットユーザーから『不謹慎だ』と叫ぶ声が出るのも自然でしょう。意見はさまざまですからね。野球と小林さんのことでは、中身が違うのも事実ですから」(記者)

清宮幸太郎「愛してる選手宣誓」に疑問の声多数。小林麻央さん云々は関係ない「物議の理由」とはのページです。GJは、その他、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • その他
  • 総合