NEW

JRAで「チームプレー」は増加する? ゼーヴィント完勝@七夕賞の裏に一口馬主クラブ・シルクレーシングの「絶妙アシスト」?

【この記事のキーワード】, ,
JRAで「チームプレー」は増加する? ゼーヴィント完勝@七夕賞の裏に一口馬主クラブ・シルクレーシングの「絶妙アシスト」?の画像1

 ゲートが開いた数秒後に、多くの競馬ファンは「しまった!」と地団駄を踏んだことだろう。

 先週の七夕賞では1番人気のゼーヴィント(牡4、美浦・木村哲也厩舎)が中団から長くいい脚を使って完勝。ちょうど1年前、同じ福島が舞台のラジオNIKKEI賞を制して以来勝ち切れないレースが続いていたが、得意コースで見事な復活を遂げた。

 手綱を握った戸崎騎手はレース後に「先行馬が多かったので、忙しいレースになるとは思っていました。追ってしぶとく伸びてくれて良かったです」とコメント。実際、ハナを奪ったマルターズアポジーの刻んだ前半3Fのラップは33秒9と短距離戦並のスピードだった。メンバー構成から展開を的確に読み切った頭脳の勝利と言える……。

……だが、よくよくレースを見返してみると、首をかしげざるを得ないポイントを発見してしまった。それは、当のゼーヴィントではなく、マルターズアポジーと激しい先行争いを演じたフェイマスエンドだ。

 はじめにこの馬に関する大まかな概要を説明しよう。勝鞍は準オープンまでしかなく、過去に目立った重賞実績もゼロ。七夕賞では11番人気と下から2番目の低評価で、まともに走ってもまず勝ち目はない脇役的な存在だった。ダッシュ力だけはあるので、「どうせなら玉砕覚悟の逃げを打ってやれ」と陣営が考えて無謀なハイペースを助長した、という推測は成り立たないことはないだろう。重賞において、人気薄の大逃げというのはたびたび見られる現象でもある。

 しかし、勝ち馬ゼーヴィントとの関係性を考えると、単なる人気薄の大逃げではなかった、と見ることもできなくはない。というのも、2頭の馬主欄にはどちらも「シルクホースクラブ」との記載が。つまり、両者は共通の一口馬主クラブの馬なのである。

JRAで「チームプレー」は増加する? ゼーヴィント完勝@七夕賞の裏に一口馬主クラブ・シルクレーシングの「絶妙アシスト」?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  4. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  9. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  10. JRAイクイノックスは「10番目」の地雷!? C.ルメール泥沼29連敗から脱出も…ダービーで追い風吹くのは「失態続き」の武豊