NEW

アドマイヤ近藤氏「約6億円」ディープインパクト産駒を落札で驚愕! 金額は「上には上」でも成績は「下には下」がいる?

【この記事のキーワード】, ,
アドマイヤ近藤氏「約6億円」ディープインパクト産駒を落札で驚愕! 金額は「上には上」でも成績は「下には下」がいる?の画像1

 日本最大のサラブレッドセール「セレクトセール」が2日目を迎えた。今年も大盛況で、登場した馬たちの中には億超えの値が付けられることも多い。そんな中、セレクトセール史上2番目の高値となる5億8000万円で落札された馬がいると話題になっている。

 高額で競り落とされた馬は、「イルーシヴウェーヴの2017(牡)」。父馬はディープインパクトで母馬のイルーシヴウェーヴは仏1000ギニー(G1)など重賞4勝をあげた名牝。落札したのは、所有馬に「アドマイヤ」の冠名をつけることで知られる近藤利一氏だ。

 近藤氏は「スポーツ報知」の取材に、「オーラがあったし、どんなことがあっても欲しいと思っていた。5億円か6億円くらいと思っていたが、興奮して金額が分からなくなったのが正直なところ」とさらに高額になっても落札したことを示唆し、「品があって、どんなふうに育っていくのか楽しみ」と声を弾ませた。

 かつては毎年のようにG1制覇を成し遂げていた常勝アドマイヤ軍団。だが、近年は大舞台での成績は奮っておらず、今年のヴィクトリアマイル(G1)をアドマイヤリードが制するまで、JRA・G1で46連敗(平地のみ)を喫していた。

 約9年にも渡る暗黒時代をようやく抜けた今年以降、再度飛躍したいと近藤氏が考えているのは明白。そのための1頭として、「イルーシヴウェーヴの2017」に白羽の矢が立てられたのだろう。だが、絵に描いたような良血の馬が、期待通りに走るかはまた別の話。過去の取引馬を見ると、『高額落札馬=活躍』の図式は見えてこない。

アドマイヤ近藤氏「約6億円」ディープインパクト産駒を落札で驚愕! 金額は「上には上」でも成績は「下には下」がいる?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」
  3. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  4. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  5. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  8. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  9. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  10. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光