NEW

アドマイヤ近藤氏「約6億円」ディープインパクト産駒を落札で驚愕! 金額は「上には上」でも成績は「下には下」がいる?

【この記事のキーワード】

, ,

 セレクトセール史上最高額である6億円で落札されたディナシー(父馬キングカメハメハ、母馬トゥザヴィクトリー)は未出走で引退。また繁殖牝馬として4頭輩出するもいずれも活躍することはなかった。

 さらに、今回の「イルーシヴウェーヴの2017」が更新するまで史上2番目の高値だった4億9000万円のザサンデーフサイチ(父ダンスインザダーク、母エアグルーヴ)は、獲得賞金約7196万円に終わった。引退後は種牡馬にあがったものの、まだめぼしい活躍をしている産駒は誕生していない。

 血統はあくまでその馬を計る指標とひとつ。走ってみないとなにが起こるかわからないのも競馬だ。だが、有名オーナーたちはこぞって高額で馬を競り落としている。

 ちなみに今回、サトノダイヤモンドなどの馬主として知られる里見治氏は、それぞれディープインパクト産駒の「コンテスティッドの2017(牡)」を2億円、「バラダセールの2017(牡)」を1億6500万円で落札し、さらにロードカナロア産駒の「シャムロッカーの2017(牡)」を1億8000万円で競り落とした。またアパパネ、マカヒキなどを所有していた金子真人ホールディングスは、ロードカナロア産駒の牡馬「レジネッタの2017」を1億1000万円で落札するなどしたようだ。

 近藤氏が競り落とした「イルーシヴウェーヴの2017」をはじめとした高額馬たちは、それぞれその価値に見合った活躍をすることはできるのだろうか? 今回落札された馬たちがターフに登場する日が今から楽しみではある。

アドマイヤ近藤氏「約6億円」ディープインパクト産駒を落札で驚愕! 金額は「上には上」でも成績は「下には下」がいる?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!