NEW

函館記念(G3)サトノアレスのハンデに他陣営から「恵まれすぎ」の声!? 万全を期す2歳王者唯一の「死角」は名門・藤沢和雄厩舎の「最悪相性」?

【この記事のキーワード】, ,
函館記念(G3)サトノアレスのハンデに他陣営から「恵まれすぎ」の声!? 万全を期す2歳王者唯一の「死角」は名門・藤沢和雄厩舎の「最悪相性」?の画像1

 16日に函館競馬場で開催される第53回函館記念(G3)。昨年も三連単23万3010円を記録したように毎年荒れる重賞として注目されているが、どうやら今年は”平穏決着”となるかもしれない。

 その理由は上位人気が濃厚な3歳馬サトノアレス(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)のハンデが54kgと、如何にも恵まれた感があるからだ。

 昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)を勝ち2歳王者となったサトノアレス。クラシック挑戦となったこの春の2戦は共に奮わなかったが、休養を挟んだ前走の巴賞(OP)を勝利した勢いに乗って2つ目の重賞制覇に挑む。

 このような実力馬がトップハンデのマイネルミラノよりも4kgも軽い54kgのハンデで出走してくるとあって、『スポニチ』の取材によればライバル陣営は戦々恐々。前走から「なんで据え置き?」「3歳といってもG1馬でしょ」と口々に不満を漏らしているという。

 それも陣営によれば、前走の巴賞の段階では決して万全ではなかったという。確かに4月の皐月賞以来のレースで馬体重も+10kg。北海道への輸送を考慮してか、追い切りも如何にも軽いものだった。

 ただ、それでも勝ち切ってしまうのだから、その実力は本物か。

函館記念(G3)サトノアレスのハンデに他陣営から「恵まれすぎ」の声!? 万全を期す2歳王者唯一の「死角」は名門・藤沢和雄厩舎の「最悪相性」?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【日本ダービー(G1)予想】川田将雅×ダノンベルーガは迷わず切り! 期待値の高い実績馬の好走で意外な高配当をいただく
  2. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  3. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  4. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは
  5. JRA「伝説は死んだ」武豊×ドウデュースは容赦なく消し。4強頂上決戦は無情の「1点買い」で勝負『日本ダービー(G1)予想』
  6. JRA【目黒記念(G2)予想】武豊×アリストテレスは用なし! ハンデ戦らしく走り頃の穴馬台頭で高配当間違いなし!?
  7. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  8. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  9. JRAキタサンブラックもキングヘイローも赤っ恥の14着大敗……日本ダービー(G1)イクイノックスにかかる雪辱
  10. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情