NEW

「惨敗続くダービー馬」ワンアンドオンリーが「今度こそ×19」復活!? 中京記念(G3)参戦で「マイル開眼」期待も、陣営の「コロコロ変わる考え」が不安

【この記事のキーワード】

, ,

「惨敗続くダービー馬」ワンアンドオンリーが「今度こそ×19」復活!? 中京記念(G3)参戦で「マイル開眼」期待も、陣営の「コロコロ変わる考え」が不安の画像1ワンアンドオンリー(競馬つらつらより)

 23日に中京競馬場で開催される中京記念(G3)は、サマーマイルシリーズの初戦。秋の飛躍を狙うマイラーたちがシノギを削るレースとして定着しているが……。

 このレースに、2014年の日本ダービー馬、ワンアンドオンリー(牡6 栗東・橋口慎介厩舎)が出走を予定している。これまでは中長距離を中心に出走してきた同馬だが、これが2歳以来のマイル挑戦となる。

 ダービー制覇後は、神戸新聞杯こそ勝利したものの、その後は言葉通りの「鳴かず飛ばず」。一度ドバイで3着に入った以外は掲示板を確保することすら稀で、すでに3年近い月日が経過してしまった。

 ファンの間でも、惨敗を重ねながら重賞、G1に果敢に挑戦する姿に「がんばるね」「いつまでやるんだ」「今度こそ今度こそ復活か?」と呆れながらも密かに応援している。そして、今回ついに「マイル」の舞台を選択してきた。

 ワンアンドオンリーがマイルに参戦するのは13年9月の2歳未勝利以来。そのレースでは勝利を掴んでおり、「一味変わってほしい」「ここは来るんじゃないか」という声も多い。母父タイキシャトルという点もポイントだろう。

 実際、これまで出走したレースと比較すれば相手は格段に落ちる。ここで勝利をしてもおかしくはない、という意見が出るのも自然だ。

 ただ、如何せん気になるのは、コロコロ変わる陣営の”意見”である。

「惨敗続くダービー馬」ワンアンドオンリーが「今度こそ×19」復活!? 中京記念(G3)参戦で「マイル開眼」期待も、陣営の「コロコロ変わる考え」が不安のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!