NEW

エアスピネルの札幌記念挑戦に「武豊降板」の気配……国内専念の王者キタサンブラックとの”ブッキング回避”へ「脱・武豊」の可能性

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エアスピネルの札幌記念挑戦に「武豊降板」の気配......国内専念の王者キタサンブラックとのブッキング回避へ「脱・武豊」の可能性の画像1

 6月の安田記念(G1)で5着に敗れたエアスピネル(牡4歳、栗東・笹田和秀厩舎)が、来月20日に行われる札幌記念(G2)で戦線に復帰する。

 2005年の秋華賞馬エアメサイアの仔として、2歳時から高いパフォーマンスを発揮しているエアスピネル。母の主戦でもあった武豊騎手とともにマイルの朝日杯フューチュリティSで2着した他、ハイレベルな3歳クラシックを4着、4着、3着で走り抜くなど、なかなか勝ち切れない面はあるものの、その能力は以前から「G1級」と評されている。

 悲願のG1制覇が期待された今年、陣営はマイル路線を選択。しかし、年明け早々の京都金杯(G3)を勝利したものの、その後はあと一歩で勝ち切れず……結局、春の大目標としていた安田記念も、2番人気に推されながら勝ったサトノアラジンから0.2秒の5着に敗れた。

 大きな期待を背負いながら、またもG1タイトルに手が届かなかったエアスピネル。この春はマイル戦だけに照準を絞って4戦したが、上位争いをするものの勝ち切れず、やや頭打ちの感すら漂っている。

 そういった中、ファンの間では未だに、この春のローテーションに関して「本当に陣営の選択は正しかったのか」と懐疑的な声も聞かれているようだ。

エアスピネルの札幌記念挑戦に「武豊降板」の気配……国内専念の王者キタサンブラックとの”ブッキング回避”へ「脱・武豊」の可能性のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!