NEW

パチンコ「救世主」誕生? 活かすも殺すも「店次第」のワケ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「救世主」誕生? 活かすも殺すも「店次第」のワケの画像1京楽HP」より

 パチンコ店からMAX機が撤去され幕を開けた2017年。パチンコ店の軸は、大当たり確率の下限を1/320までとし確率変動継続率の上限を65%とした「新基準機」に変更された。

 短時間で万発を超える出玉の獲得も当然な、MAX機が撤去された影響は想像以上。強烈な一撃性を失った新基準機は苦戦を強いられることになる。実績のある人気コンテンツでさえ成功を収めることが難しい状況。多くのパチンコ店が、売上の低下を招いているようだ。

 そんな厳しい新時代に光をもたらしたのが、『CR北斗の拳7転生』(サミー)と『ぱちんこ必殺仕事人V』(京楽)の2機種である。

 基準内で最大限まで尖らせた『北斗の拳7』は、現役機の中でトップレベルとなる”一撃性”でユーザーの心を勝ち取った。

パチンコ「救世主」誕生? 活かすも殺すも「店次第」のワケのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!