NEW

福永祐一騎手「屈辱コメ」から、わずか6日後にまさかの再戦!? 複雑に絡み合う超良血一族との「因縁」に福永騎手が見せた「意地」

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
福永祐一騎手「屈辱コメ」から、わずか6日にまさかの再戦!? 複雑に絡み合う超良血一族との「因縁」に福永騎手が見せた「意地」の画像1

「馬体も雰囲気もシルバーステートによく似ている。いい馬だね」

 10日に行われた日本最大のサラブレッド市場セレクトセールでの一幕。この日、最初の”億超え”となったのは、2億6000万円で落札されたシルヴァースカヤの2016だった。そこで全兄シルバーステートの主戦騎手となる福永祐一騎手がコメントを求められたわけだ。

 それにしても福永騎手としては、なんとも複雑な心境だったのではないだろうか。

 というのも、この2億円牡馬を落札したのは、競馬界のカリスマ武豊騎手にただならぬ情熱を注いでいる松島正昭氏が代表を務めるキーファーズ。このセレクトセールで毎年のように超良血馬を競り落としては「武豊騎手と共に凱旋門賞を制覇したい」と大望を掲げている個性派馬主である。

 つまり、それは同時にこの超良血馬に福永騎手が騎乗する可能性は、限りなく低くなったということだ。ここで手放しに絶賛しても、数年後には強力なライバルになっている可能性が高い。

 兄や姉、母などと共に顕著な活躍をした主戦騎手が「血統的な相性」を考慮され、その血縁馬や産駒の主戦騎手に抜擢されるケースは珍しくない。

福永祐一騎手「屈辱コメ」から、わずか6日後にまさかの再戦!? 複雑に絡み合う超良血一族との「因縁」に福永騎手が見せた「意地」のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!