NEW

『牙狼GOLDSTORM翔』最大の魅力でホール悲鳴!? 大ヒット確実の「裏」で加速する「ガリバー」現象とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わずかでも華やかで、ユーザーの興味を惹くような派手な演出が求められている近年のパチンコ界。当初はドラムや映像、役物などを駆使し遊戯を盛り上げてきたが、それが一般化されてしまった最近では盤面内だけに留まらず「外側」への進出も顕著になってきた。

例えば今年の5月に発売された『必殺仕事人V』には、筐体上部に「出陣&トランペットギミック」、左右に2枚の液晶が搭載されている。さらに下部には刀型の可動ギミック「激震剣デバイス」も搭載されるなど、その筐体の大きさは従来の台の約1.5倍になっていると言っても大袈裟ではない。

そんな上下左右に画期的な役物を搭載した『必殺仕事人V』の筐体を「近代パチンコの完成形」と呼ぶ人間も多い。しかし、その『必殺仕事人V』を超える筐体が登場予定となっている。

圧倒的破壊力と筐体の派手さで一世を風靡した『牙狼』シリーズ最新作『CR牙狼GOLDSTORM翔』だ。

『牙狼GOLDSTORM翔』最大の魅力でホール悲鳴!? 大ヒット確実の「裏」で加速する「ガリバー」現象とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!