NEW

長瀬智也『ごめん、愛してる』3話で視聴率再暴落!? 吉岡里帆と坂口健太郎に問題?

【この記事のキーワード】

, ,

長瀬智也『ごめん、愛してる』3話で視聴率再暴落!? 吉岡里帆と坂口健太郎に問題?の画像1

 23日に第3話が放送される長瀬智也主演『ごめん、愛してる』(TBS系)。第2話では平均視聴率10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタ視聴率を確保したが、今後も予断を許さない状況が続きそうだ。

 主演ドラマの視聴率に安定感のある長瀬が主演、現在ブレイク中の吉岡里帆や坂口健太郎の出演、ココ最近は軒並み高視聴率を記録していた『日曜劇場』ということで高視聴率が期待されたが、初回は1ケタ発進となってしまった。

「韓国ドラマによくある『悲劇』という点が放送開始前から不安視されていました。これまで同枠でヒットしたのは勧善懲悪の男のドラマでしたからね。悲劇性の強い恋愛ドラマは層が異なるということかもしれません。これから視聴率が一気に向上する可能性は低い、というのが大方の予想ですよ」(記者)

 物語の”種類”の問題もあるということか。確かに『半沢直樹』や『下町ロケット』に代表されるように、シリアスな男臭いドラマでヒットを連発している印象はある。

 また、長瀬以外のキャストに対する不満も多い。

「『長瀬しか存在感がない』という声が多いですね。吉岡さんも坂口さんもあまり印象に残らないということでしょうか。キャスティングの段階から『長瀬に頼り切り』とはいわれていましたが、放送後も同様の感想を持つ人が多いということでしょう。今後のネックにはなりそうですね」(同)

 ヒットドラマは主演は当然として、脇役陣の存在感も大きいもの。今後この評価を変えることができるだろうか。

長瀬智也『ごめん、愛してる』3話で視聴率再暴落!? 吉岡里帆と坂口健太郎に問題?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!