NEW

マウントロブソン復活勝利も「強い」ではなく「可愛い」の声殺到!? 競馬界の「シルバニアファミリー」の異名を誇るイケメンホースが超人気

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マウントロブソン復活勝利も「強い」ではなく「可愛い」の声殺到!? 競馬界の「シルバニアファミリー」の異名を誇るイケメンホースが超人気の画像1マウントロブソン(競馬つらつらより)

 競馬界きってのイケメンがついにカムバックを果たした。

 昨年のスプリングS(G2)の勝ち馬マウントロブソン(牡4歳、栗東・堀宣行厩舎)が23日の福島テレビオープン(OP)に出走。昨年の菊花賞以来、約9カ月ぶりのレースを制して復活の狼煙を上げた。

 小雨の中、7頭立ての小頭数で行われたレースは、最内からダノンメジャーがハナを主張する展開。2番手にマイネルハニーが続いて、マウントロブソンは4、5番手の中段外目につけた。

 約9カ月の休み明けで+18kgの馬体ということもあって、道中から掛かり気味に前へ行きたがっていたマウントロブソン。しかし、そこは鞍上の石橋脩騎手が上手く宥めて勝負所を迎える。ラスト600mを切って馬群が一気に凝縮すると、マイネルハニーが逃げるダノンメジャーを交わして先頭に躍り出た。

 そのまま最後の直線に入ると、ダノンメジャーが必死の抵抗でマイネルハニーに食い下がる。2頭の叩き合いとなったが、その外からマウントロブソンがパワフルな伸びを見せると、最後はねじ伏せるように半馬身抜け出してゴールした。

「最後はマイネルハニーが根性のある馬なので、わざと馬体を併せないようにしました。いい馬ですね」

 そのコメントの通り、今回の勝因は石橋騎手の頭脳プレーにありそうだ。しかしこの光景、どこかで見たことがあるような……。

マウントロブソン復活勝利も「強い」ではなく「可愛い」の声殺到!? 競馬界の「シルバニアファミリー」の異名を誇るイケメンホースが超人気のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!