NEW

武豊騎手「3年連続」WASJ出場なるか!? JRA選考委員による「顕著な活躍を認められた騎手」に賭ける他ないものの、印象度で手痛い「2つ」の敗戦

【この記事のキーワード】, ,
武豊騎手「3年連続」WASJ出場なるか!? JRA選考委員による「顕著な活躍を認められた騎手」に賭ける他ないものの、印象度で手痛い「2つ」の敗戦の画像1

 24日、2017年のワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)に出場するJRA騎手7名の内、4名が内定した。

 内定したのは「本年の日本ダービー優勝騎手」となるC.ルメール騎手、前年の「MVJ受賞者騎手」となる戸崎圭太騎手、そして関西リーディング1位のM.デムーロ騎手と関東2位(戸崎騎手が関東1位のため)の内田博幸騎手の計4名だ。

 他に地方からは中野省騎手(船橋)が出場権を得ており、後日、選考委員によって残りのJRA騎手3名と外国人招待騎手6名が決定する。

 2015年から8月の札幌競馬場で開催されることとなったWASJ。ここ2年とも、JRA代表騎手チームと外国騎手・地方競馬代表騎手チーム(WAS選抜)によるハイレベルな戦いが繰り広げられており、夏競馬の風物詩の1つとして定着しつつある。

 外国人騎手の詳細はまだ未定となっているが、香港の名手D.ホワイト騎手がすでに短期免許で8月末まで滞在予定であり、今シーズンも香港のリーディングを獲得したJ.モレイラ騎手も来日する見通し。JRA所属騎手だけでなく、世界レベルの手腕を持つ外国人騎手にも注目だ。

 だが、それでもファンが最も気にしているのは、やはり競馬界のカリスマ的存在となる武豊騎手が参戦できるか否かという点だろう。

武豊騎手「3年連続」WASJ出場なるか!? JRA選考委員による「顕著な活躍を認められた騎手」に賭ける他ないものの、印象度で手痛い「2つ」の敗戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?