NEW

警察庁発表のパチンコ規制「もうけ5万円以下」は無意味? 必要なのは出玉上限ではなく……

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
警察庁発表のパチンコ規制「もうけ5万円以下」は無意味? 必要なのは出玉上限ではなく......の画像1

 出玉を現行の3分の2までに抑え、標準的な遊技時間(4時間)で獲得できる出玉の上限を”5万円以下”に制限する規制が発表されたパチンコ業界。

 警察庁は8月9日まで改定案に対する一般の意見を募集し、来年2月からの施行を目指している。大当たりの出玉上限は、現行の2400個(9600円相当)から1500個(6000円相当)へ引き下げられることが発表された。

 この内容に「パチンコは完全に終了」と感じたユーザーは多いようだ。確かに出玉を重要視するユーザーにとっては、非常に大きな問題である。遊技人口の減少へ繋がる可能性は否定できないだろう。

 しかし、その一方で「出玉の制限を決めても意味がない」という意見も上がっている。なぜならば、今回の規制はギャンブル依存症対策として発表されたものだからだ。

警察庁発表のパチンコ規制「もうけ5万円以下」は無意味? 必要なのは出玉上限ではなく……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事