NEW

パチスロ「5号機」いつまで打てる? 「氷河期」6号機時代へ突入間近の今、できること

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「5号機」いつまで打てる? 「氷河期」6号機時代へ突入間近の今、できることの画像1

 パチスロは10月より3000枚リミッター(有利区間1500Gまで)が搭載された5.9号機へ完全移行。さらには7月11日に風営法施行規則の改正案が公開されたことにより、出玉獲得性能が見直された6号機時代へ突入することが決定した。

 6号機は4時間での出玉率が150%未満、大当たりの出玉の上限は480枚(9600円相当)から300枚(6000円相当)に抑制。『ジャグラー』などAタイプ機の出玉性能にも影響を与える厳しい内容と言えるだろう。

 来年の2月には法改正となり、10月より導入される5.9号機を含めた「5号機」が違法機という扱いになる。しかし検定を受けた日から3年間は設置することが許可されているため、問題が起きない限り5号機が完全に撤去するのは先になるはずだ。

 今年リリースされた『押忍! 番長3』を始めとした5.5号機や、10月より導入される5.9号機がホールの中心になっていくことは間違いないだろう。

パチスロ「5号機」いつまで打てる? 「氷河期」6号機時代へ突入間近の今、できることのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、5号機パチスロパチスロ規制の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!