NEW

武豊騎手「7月わずか2勝」の衝撃……好不調の波が激しい状況に、ファンから「アノ心配」も……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊騎手「7月わずか2勝」の衝撃......好不調の波が激しい状況に、ファンから「アノ心配」も......の画像1

 武豊騎手に心配の声が殺到している。

 今週で7月最終週の競馬開催を迎えるが、武騎手はリーディングこそ全国10位の46勝であるものの、7月だけで見ればわずか「2勝」と苦しんでいる。

 2着9回を数えるなど3着内率や連対率は決して悪くはないのだが、勝利が遠い状況であることがうかがえる。この結果に「大丈夫なのか」と心配の声が相次ぐのも当然だろう。

「もともと『中京競馬場が苦手』という声もある武騎手ですが、1カ月で現在2勝というのはやはり少々さびしいですね。実は3月も中央は2勝という結果であり、好不調の波が激しい印象があります

また、今月15日、16日開催では2日間でわずか『5鞍』と騎乗馬が集まらない場面もありました。キタサンブラックなど有力馬と挑む秋までは、我慢の時期が続くのではないでしょうか」(競馬記者)

 春のG1シリーズ最終戦である宝塚記念をキタサンブラックでまさかの惨敗。その後トーンダウンしたのでは、という意見もあるが、今年3月にも2勝という状況を考えると、成績を維持するのがなかなか難しい現実が見て取れる。そして、騎乗馬を確保することも一筋縄ではいかないようだ。

武豊騎手「7月わずか2勝」の衝撃……好不調の波が激しい状況に、ファンから「アノ心配」も……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!