NEW

JRAの夏を楠原安里梨が一刀両断!? 「直千」アイビスSDと「2強」クイーンSで天才馬券アイドルが狙うのは

JRAの夏を楠原安里梨が一刀両断!? 「直千」アイビスSDと「2強」クイーンSで天才馬券アイドルが狙うのはの画像1

 今週末には、アイビスサマーダッシュ(以下、アイビスSD)とクイーンステークス(以下、クイーンS)という夏競馬を彩るふたつのG3レースが開催される。いずれも今後の秋競馬を占う上で、外すことのできないレースだ。今回、これらの勝敗を読み解くべく、編集部は競馬アイドル・楠原安里梨さんに見解をうかがってみた。楠原さんは予想することが難しいとされる夏競馬をどう見るのだろうか?

――今週末にはふたつの重賞が開催されますね。まず、アイビスSDはどうなると思いますか?

楠原安里梨(以下、楠原):芝の直線1000mという珍しいレースですが、外枠が有利なのは間違いないです。現時点(取材日・7月27日14時)で、1番人気として名前があがっているのはフィドゥーシア。2連勝中で、前走はアイビスSDと同じ直線1000mのオープン特別・韋駄天Sを勝利していますね。外枠を引けたならば、馬券圏内は堅いでしょう。

 また昨年の2着馬であるネロも、芝の1000mレースでこれまで5戦して2勝、2着3回と結果を残しているため人気のようです。同馬の父馬であるヨハネスブルグの産駒たちは、芝の1000mレースの成績が良好なので適性があるのかもしれません。鞍上はアイビスSDと相性がいい戸崎圭太騎手。チャンスはあると思います。ただ昨年は斤量が56kgだったのが、今年は58kgと重くなっている点と半年の休み明けなのが気になりますね。

JRAの夏を楠原安里梨が一刀両断!? 「直千」アイビスSDと「2強」クイーンSで天才馬券アイドルが狙うのはの画像2

――さっそく上位人気の馬の名前が出てきました。

楠原:注目している穴馬もいますよ。まず、ダートから芝へ再転向したナリタスターワンですね。前走のCBC賞(G3)は結果的に6着でしたが、レースでは『あれ? もしかしたら』って気にさせてくれる走りを見せました。

 あとはレッドラウダ。直線1000mのオープンクラスのレースであるルミエールオータムDで5着、韋駄天Sでは3着と、この距離で安定した成績を残しています。これまで新潟競馬場で4回出走しているため、経験も豊富なんです。マークしておいても損はないと思いますよ。

――ありがとうございました。では、続いてクイーンSをお願いします。

JRAの夏を楠原安里梨が一刀両断!? 「直千」アイビスSDと「2強」クイーンSで天才馬券アイドルが狙うのはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!