NEW

絶対王者・大阪桐蔭に「公立高校の雄」大冠が勝つ可能性は? 大阪大会に残された「最後のドラマ」は歴史的大番狂わせとなるのか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ただそれでも、大阪桐蔭は強い。大冠の奇跡の甲子園出場に向けた最大のキーマンは、やはりエースの丸山惇投手だろう。

 ストレートの平均が130km前半と決して目立つ存在ではない丸山投手だが、やや変則的な左腕でソフトバンクホークスの和田毅投手に似ているという声もある。つまり、相手打線が慣れるまでに時間が掛かるタイプの投手ということだ。

 ストレートの他にスライダーやカーブ、チェンジアップを低めに集めるピッチングは準々決勝で春日丘を完封し、準決勝でも上宮に1失点。「彼の成長は本当にうれしい」と東山監督が認めているように、この夏で急成長。「相手がどこであろうとも、次も丸山でいく」と全幅の信頼を得ているようだ。

 下馬評は圧倒的に大阪桐蔭だが、それでも公立の雄・大冠を応援する声は意外に大きい。何が起こっても不思議ではない一発勝負なら、大冠が歴史的な大番狂わせを起こすこともあるはずだ。

 果たして決勝戦を制し、大阪代表となって甲子園に出場するのはどちらの高校か。どちらか1校だけなのが惜しい気もするが、仮にどちらが出ても優勝候補として注目されることだろう。

絶対王者・大阪桐蔭に「公立高校の雄」大冠が勝つ可能性は? 大阪大会に残された「最後のドラマ」は歴史的大番狂わせとなるのかのページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!