NEW

的場文男騎手が落馬寸前から「幻の奥義」で復活!? 今年「還暦」のレジェンド騎手が59年前に失われた「天神乗り」を緊急披露!

【この記事のキーワード】, ,
的場文男騎手が落馬寸前から「幻の奥義」で復活!? 今年「還暦」のレジェンド騎手が59年前に失われた「天神乗り」を緊急披露!の画像1

 地方競馬の”レジェンド”が極限の状況で「神騎乗」を復活させた。

 28日の大井競馬の11Rで1番人気のワタリセイユウに騎乗した的場文男騎手。単勝1.4倍と、ここでは圧倒的な人気を背負っていたが、あろうことかレース中に鞍が大きくズレるアクシデントに見舞われた。

 述べるまでもなく、鞍は馬に乗るためのバランスをとる極めて重要な馬具。普通の騎手なら、この時点で万事休すだろう。下手の動くとバランスを失って落馬する危険すらある。

 しかし、思わぬアクシデントにより最大のピンチに追い込まれたワタリセイユウの鞍上は、今年5月に史上2人目となる通算7000勝を達成した「大井の帝王」だ。的場騎手は今年還暦となる60歳とは思えぬ身のこなしで態勢を立て直すと、そのあまりにも豊富な引出しから、まさかの”奥義”を繰り出した。

「だいぶ前に鐙(あぶみ)を脱いで乗ったこともあったけど、滅多にないこと。天神乗りでも、ムチはあるから追えるものだよ」

 レース後、『サンケイスポーツ』の取材にそう笑った的場騎手が繰り出したのは「天神乗り」といわれる古来の騎乗スタイル。現在は腰を浮かした前傾姿勢の「モンキー乗り」が主流だが、59年前の1958年に保田隆芳騎手がアメリカから技術を導入するまでは、ずっと馬に対して垂直に跨る「天神乗り」が主流だった。いわば、今や幻の騎乗法である。

的場文男騎手が落馬寸前から「幻の奥義」で復活!? 今年「還暦」のレジェンド騎手が59年前に失われた「天神乗り」を緊急披露!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  3. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは
  4. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  5. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  6. JRA「6馬身差」レコード勝ちはイクイノックス以上!? 「知らなきゃ損」の密かな出世レースに超大物候補が満を持して登場!
  7. JRA「僕のお気に入り」武豊が惚れ込んだ怪物が古馬になって本領発揮!? 復帰初戦はレジェンドの「相馬眼」にかけて負けられない戦いか
  8. JRA武豊のイメージを「完全払拭」したキタサンブラック、最強候補イクイノックスも証明した「キャラ変」の決定打とは
  9. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  10. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁