NEW

キタサンブラックの凱旋門賞回避は大正解!? 英国の歴史的「天才少女」が英愛オークスに続きキングジョージ6世&QES(G1)も4馬身差圧勝!

【この記事のキーワード】, ,

 最後はこの馬の強さに興奮を抑えられないデットーリ騎手が、何度もガッツポーズをしながらゴール。数十メートルほぼ追っていない状況が続いたが、それでも後続には4馬身以上の決定的な差がついていた。

 なお、このレースには昨年のキングジョージ6世&QESの勝ち馬で、凱旋門賞(G1)で2着したハイランドリールも出走。欧州の古馬一線級が顔を揃えた一戦を圧勝したことで、エネイブルは3歳牝馬ながら凱旋門賞のブックメーカーで圧倒的1番人気に支持され、事実上の欧州最強馬となっている。

 キングジョージ6世&QES史上4頭目の3歳牝馬での勝利。21世紀になってから牝馬で当レースを勝った馬はデインドリームとタグルーダの2頭だけだが、前者は凱旋門賞を勝ち、後者も3着に好走している。

 この事実からも、今年の凱旋門賞でサトノダイヤモンドら日本馬にとって最も大きな壁となるのは、まず間違いなくエネイブルであるといえるだろう。

 欧州では、すでに「10年に1頭の天才少女」と先述したタグルーダ以上の評価を受けており、キングジョージ6世&QESの結果を報道した日本のメディアにも、すでにどこか諦めムードが漂い始めている。エネイブルが凱旋門賞で有利な斤量で戦える3歳牝馬ということもあって、ネット上では宝塚記念(G1)の惨敗で凱旋門賞出走を取りやめたキタサンブラックの決断が「正しかったのでは」という声も上がっているほどだ。

 しかし、ここまで圧倒的な強さを見せているエネイブルだが、凱旋門賞制覇に向けては決して安泰ではないという見方もあるようだ。

キタサンブラックの凱旋門賞回避は大正解!? 英国の歴史的「天才少女」が英愛オークスに続きキングジョージ6世&QES(G1)も4馬身差圧勝!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇