NEW

キタサンブラックの凱旋門賞回避は大正解!? 英国の歴史的「天才少女」が英愛オークスに続きキングジョージ6世&QES(G1)も4馬身差圧勝!

【この記事のキーワード】, ,

 21世紀になってから、凱旋門賞を3歳牝馬で制したのは2008年のザルカヴァと2011年のデインドリーム、そして2013、14年に連覇したトレヴの3頭。その内、ザルカヴァとトレヴは本番と同じロンシャン競馬場の仏オークスを勝利している。デインドリームはドイツ馬だったが、この2頭には地元のアドバンテージがあったということだ。

 その点、エネイブルは英国産馬。さらに英オークスを制した牝馬は凱旋門賞で苦戦が続いており、先述したタグルーダが英オークスとキングジョージ6世&QESを連勝しながらも3着に敗れ、エネイブルと同じく英オークスと愛オークスを勝ったスノーフェアリーも3着に敗れている。

 また、今回のキングジョージ6世&QESで圧倒的な強さを見せつけたエネイブルだが、実は当初は参戦するプランではなかった。

 しかし、レースがエネイブルが得意なぐずついた天気で行われる可能性が高い(実際にレースは雨の中で行われた)ということで、当週になって急遽出走を表明した背景がある。

 それは裏を返せば、エネイブルが時計の掛かる馬場が得意であるということだ。実際に今年のキングジョージ6世&QESは昨年に比べて約7秒も遅く、過去20年でも最低のタイムだった。当然、馬が弱いというわけではなく、それだけ時計の掛かる馬場コンディションだったということだ。

キタサンブラックの凱旋門賞回避は大正解!? 英国の歴史的「天才少女」が英愛オークスに続きキングジョージ6世&QES(G1)も4馬身差圧勝!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  4. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  5. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待