NEW

JRA新記録・幸英明騎手のヒケツはモテモテ! ただ馬券師から「さっさとジョッキーやめろ」とも

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA新記録・幸英明騎手のヒケツはモテモテ! ただ馬券師から「さっさとジョッキーやめろ」ともの画像1

 JRA幸英明騎手が30日、小倉2Rのタムロセレッサで史上7人目、現役6人目となるJRA通算1万8000回騎乗を達成。デビューから23年4カ月26日は最速、41歳6カ月19日は最年少となる。

 これまでの記録は武豊騎手の26年7カ月13日&44歳6カ月29日だが、3年近く早い達成となり、祝福の声が相次いでいる。

 さほど大々的に報じられていないニュースではあるが、競馬界の「帝王」としてJRAの記録をほぼ総なめにしている武騎手の記録を破ったというのは並大抵ではない。騎乗確保における「営業上手」な点はもちろん、オーナーや陣営が納得する結果、さらにはケガや離脱がない点など、さまざまな要因があって初めて達成できる記録である。幸騎手だからこそ実現できた記録であることはいうまでもない。

 競馬ファンならご存知の通り、幸騎手は競馬界屈指の甘いマスクで知られており、柔和な笑顔が好印象のジョッキー。オーナーや調教師の「奥様方」にも人気の騎手として知られる。武騎手もかつてネット番組内で「付き合いたいね」と幸騎手にただならぬ思いを打ち明けていた。ちなみに幸騎手は既婚である。

 状況から察するに、今後も順調に騎乗数を増やしていくと思われる幸騎手。しかしその一方、幸騎手の騎乗に「辛辣」なコメントをする声も……。

「競馬分析家・投資家の小林弘明氏ですね。『競馬予想王TV』(FOD)や自身のブログで『戸崎→幸英明で鞍上弱化は否めない』『この騎手はホント下手くそ』『一刻も早く騎手をお辞めいただいて、大好きなゴルフでプロを目指していただけたらと切に願っております』と言いたい放題。よほど馬券で痛い目にあったことがあるのでしょうか……」(記者)

 馬券的な話ではごく一部では嫌われているようだが、基本的に爽やかな幸騎手。ちなみに趣味を通り越したレベルのゴルフはアマチュアの域を超えているようだ。

JRA新記録・幸英明騎手のヒケツはモテモテ! ただ馬券師から「さっさとジョッキーやめろ」とものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!