NEW

【小倉記念(G3)展望】実力拮抗のハンデ重賞!真夏の小倉で栄光を掴み取るのはどの馬だ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【小倉記念(G3)展望】実力拮抗のハンデ重賞!真夏の小倉で栄光を掴み取るのはどの馬だ?の画像1

 開幕2週目を迎える今週末の小倉競馬場メインレースは小倉記念(G3)。昨年は11番人気のクランモンタナが勝利し波乱の決着となった。今年も重賞勝ちを期待されながらもなかなか結果がついてこない素質馬や、過去に重賞勝ちしたものの近走の成績がイマイチな実績馬などが出走を予定しており、どの馬が勝っても不思議ではないメンバー構成だ。サマー2000シリーズの3戦目でもある小倉記念(G3)への出走を予定している注目馬を紹介する。

 久しぶりの重賞挑戦となった前走では期待を裏切ったバンドワゴン(牡6、栗東・石坂厩舎)だが、今回こそは結果を残せるだろうか。前走の鳴尾記念(G3)は約3年ぶりの重賞レースで2番人気に推されていた。しかし4コーナーを過ぎた勝負所で徐々に失速していき7着に敗れてしまう完敗。だが、3歳時のきさらぎ賞(G3)で2着の成績があるのでもっとやれるだけの能力を秘めているはずである。今回は和田騎手が騎乗予定となっており、きさらぎ賞(G3)以来のコンビ結成となる。このコンビでは2勝2着1回とバンドワゴンにとっては好相性の騎手。また、和田騎手は昨年同レースの勝利ジョッキーで、連覇の期待もかかるだけに気合が入っていることだろう。休養明けの叩き2戦目となる今回は確実に前走よりも上積みが見込めるだけに、ここで重賞のタイトルを勝ち取りたい。

 重賞勝ちが早く欲しいストロングタイタン(牡4、栗東・池江厩舎)だが、今年3回目の重賞レースで「3度目の正直」となるだろうか。今年の初戦となった中山金杯(G3)では9着、1番人気で迎えた小倉大賞典(G3)でも5着と重賞の壁に跳ね返されてきた。夏のクラス再編成で一旦は1600万下へと降級したが、前走のマレーシアC(1600万下)では着差はあまり付かなかったがレコード勝ちしており、能力の高さを示した。再び昇級して挑む今回のレースだが、夏の小倉競馬場は昨年2連勝を飾った得意の舞台である。これから更に大きな舞台で戦っていくことを考えれば、これ以上の足踏みはしていられない。適性の高いコースで初の重賞制覇を達成することはできるだろうか。

【小倉記念(G3)展望】実力拮抗のハンデ重賞!真夏の小倉で栄光を掴み取るのはどの馬だ?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!