NEW

募集額1400万円のアエロリットが大活躍!それに対し8000万円の超良血馬はまさかの……

【この記事のキーワード】, ,
募集額1400万円のアエロリットが大活躍!それに対し8000万円の超良血馬はまさかの......の画像1

 7月31日、ネット事業を展開するDMM.comグループが新しく設立したクラブ馬主法人「DMMドリームクラブ」が運営する「DMMバヌーシー」の記者発表会が行われた。

 すでにニュースで話題になっているのでご存知の方も多いだろうが、初回のみの費用で毎月の維持費が不要という斬新なシステム、資金力にものをいわせた良血馬の権利を低価格で所有できるなどまさに新時代のクラブ法人といえるだろう。

 第一弾の募集馬9頭はキタサンブラックの全弟やリアルスティールの全妹など良血馬が揃っており、来年にはジェンティルドンナの妹の追加募集もある様子。8月5日の募集開始からどれほどの申し込みが集まるか楽しみだ。

 この「DMMバヌーシー」によって注目されている「一口馬主クラブ」だが、近年その活躍はめまぐるしい。今年の日本ダービー馬レイデオロ、オークスを勝ったソウルスターリングもクラブ法人の馬であり、年間馬主リーディングも1980年代からクラブ法人が独走している。

 先週行われた第65回クイーンステークス(G3)を勝ったアエロリットもクラブ法人サンデーレーシングの馬で、関係者はさぞかし盛り上がっていると思っていたが、現状はそうでもないという話を聞く。それはクラブ法人ならではの悩みがあるようだ。

 サンデーレーシングの場合は年間80頭程度を募集し、その募集額はアエロリットの世代で最高1億5000万円、最も安価でも1000万円。これを40口に分けて一口づつの権利を販売し、預託料などの経費を負担してもらう代わりに口数に応じた賞金も分配する仕組みだ。

 アエロリットの募集額1400万円は現3歳世代82頭の中で上から74番目、価格帯は下から3番目の1400万円。一口35万円は決して安くはないが、ここまでNHKマイルカップ、クイーンステークスと重賞を2勝し獲得賞金額は1億9550万円、一口当たりの分配額は約400万円となっており、すでに投資分は回収した計算になる。

 サンデーレーシングといえばかつてドゥラメンテ、ジェンティルドンナ、オルフェーヴル、ブエナビスタといった活躍馬を所有し、日本だけでなく世界のG1レースを勝ちまくったクラブ。またその母体であるノーザンファームは日本最大手の生産牧場であり、サンデーレーシング以外でもキャロットファームやシルクレーシングといったクラブにも馬を供給している。

募集額1400万円のアエロリットが大活躍!それに対し8000万円の超良血馬はまさかの……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  5. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは