NEW

募集額1400万円のアエロリットが大活躍!それに対し8000万円の超良血馬はまさかの……

【この記事のキーワード】, ,

 近年の輝かしい実績からクラブ馬は活躍馬が多いと思われがちだが、クラブ側の期待通りかというのは微妙なところだ。というのもサンデーレーシングの場合、今年の3歳牝馬の筆頭であるアエロリットは前述したように募集額1400万の馬で、この募集額はトップで1億5000万円で募集されたムーヴザワールドの10分の1以下。これは関係者の期待値としてはその馬よりも10分の1程度という意味も含まれているだろう。ちなみにその1億5000万円のムーヴザワールドは今年1勝どまりで、結局皐月賞やダービーといったクラシックに出走することは叶わず、評価と結果は大逆転している。

 またアエロリットは募集額1400万円の牝馬だが、牝馬の募集最高額は8000万円のベルダムだった。このベルダムは牝馬三冠馬ジェンティルドンナの全妹であり、父ディープインパクトということを考えてもその期待の高さは疑いようもないだろう。預託されたのはジェンティルドンナを管理していた石坂正厩舎であり、募集額8000万円の一口200万円という超高額なものであっても、ジェンティルドンナが現役時代17億円以上の賞金を稼ぎ一口あたりの払戻額が約3500万円だったことを考えれば妥当な数字ともいえよう。

 しかし残念ながらこのベルダムは出資したファンや関係者の期待には応えられなかった。同馬はデビューして3戦全敗の成績。デビュー戦は2番人気17着、2戦目は9番人気15着、そして最後のレースとなった3戦目は13番人気15着とすべて勝ち馬から2秒以上も離される惨敗を喫しているのである。そして5月末に同馬は関係者から「成長と活躍の見込みがない」と判断され、1勝もできず引退となってしまった。

 これにはサンデーレーシング関係者も頭を抱えたであろう。募集額1400万円のアエロリットがG1レースを勝ち、逆に募集約8000万円のベルダムはG1レースどころか一勝もできず引退してしまったのだ。確かに競走馬の実力は血統だけでなく、デビューさせないとわからない部分も多い。しかしこの天地の差は相当なもの。もちろん最も悲しいのは200万円という大金を投資し、大きな期待をかけた競馬ファンである。期待が大きかっただけに引退が決定した時のショックも相当なものだっただろう。

 一口馬主クラブは今回のケースのように天国も地獄もある世界だが、ジェンティルドンナのように活躍すれば3500万円の見返りが期待できる投資的要素だけではなく、出資した馬の活躍をともに追いかけることができるロマンも大きな魅力。それが多くの競馬ファンを惹きつけているのだろう。

募集額1400万円のアエロリットが大活躍!それに対し8000万円の超良血馬はまさかの……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!