NEW

【レパードS(G3)展望】海外帰りのエピカリス復帰戦!世代No1の実力を見せつけての快勝なるか?

【この記事のキーワード】

, ,

【レパードS(G3)展望】海外帰りのエピカリス復帰戦!世代No1の実力を見せつけての快勝なるか?の画像1

 6日(日)に新潟競馬場で行われるレパードS(G3)には海外遠征から戻ったエピカリス(牡3、美浦・荻原厩舎)が参戦予定となっている。UAEダービー(G2)で2着の成績を残したように、日本のみならず世界でも通用する可能性を秘めた実力馬ということで、大きな注目を集めている。

 前走はアメリカのベルモントS(G1)に挑戦予定だったが、レース前に故障が見つかり無念の出走取消を余儀なくされた。帰国後はユニコーンS(G3)やジャパンダートダービー(G1)などへの出走を見送り、ここまでじっくりと故障の回復を待った。その甲斐もあって脚の状態に大きな異常は無く、調教もこれまでのレース前と同じようにこなせるようになり、万全の状態でレースを迎えることができそうだ。

 2歳時の新馬戦、プラタナス賞(500万下)、北海道2歳優駿(G3)では圧倒的な着差で勝利、年が明けてからのヒヤシンスS(OP)でも快勝したように国内のレースでは4連勝とまさに敵なし。今回はトラブルによりレース間隔が空いたことを不安視する声もあるが、世代No1の名に懸けて負けられないレースとなりそうだ。秋に向けての仕切り直しとなるレースでいい結果を残し、今後もダート路線を牽引していく存在となれるのか注目したい。

 エピカリスが海外で挑戦を続けている間に、国内のレースで経験を積んだライバルたちが立ちはだかる。

 ジャパンダートダービー(G1)で3着だったタガノディグオ(牡3、栗東・宮厩舎)の安定感は抜群だ。この馬の凄いところはここまで11戦を戦い抜いた経験値もさることながら、着外になったのが新馬戦のみであるという事だろう。その新馬戦も芝のレースだったのでダートレースの成績だけを見れば複勝圏内には必ず来ている。2走前には兵庫チャンピオンシップ(G2)で重賞を制しているように、その能力は世代でもトップクラス。エピカリスにとっても手強い相手になりえる存在で、初対戦となる今回のどのような結果になるのか楽しみだ。

【レパードS(G3)展望】海外帰りのエピカリス復帰戦!世代No1の実力を見せつけての快勝なるか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!