NEW

パチンコ「巨大化」は終了? 過激な「巨大化競走」の終焉に歓喜の声が続々と……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「巨大化」は終了? 過激な「巨大化競走」の終焉に歓喜の声が続々と......の画像1

 時代とともに、さまざまな変化を遂げてきたパチンコ台。最新技術によって鮮明な画像を実現し、演出も派手で多彩な仕様に進化してきた。

 かつては「ノーマル」「スーパー」というように、単純だったリーチも豊富に存在している。完成時に液晶の大部分を覆う巨大な役物や、立体的に動くギミックなどを搭載することが常識化。人間の五感に訴えかける派手な演出が、多くのユーザーに支持されているのだ。

 そんなギミックの進化に伴い、筐体の「巨大化」も劇的に進むことになった。特に大きな話題となったのは、今年リリースされた『CR必殺仕事人V』と『CR牙狼GOLDSTORM翔』だ。両機が島に設置された際のインパクトは、間違いなくパチンコ史上最高である。

『必殺仕事人V』には、筐体上部に「出陣&トランペットギミック」、左右に2枚の液晶が搭載。さらに下部には、刀型の可動ギミック「激震剣デバイス」も搭載されるなどボリューム満点となっている。

『牙狼GOLDSTORM翔』も負けてはいない。進化した枠上ギミック「P.F.O.G.翔(パーフェクトフェイスオブガロ翔)」や、視覚・動作において今までにない興奮を与えてくれそうな「牙狼剣」を搭載するなど、かつてないスケールを実現している。

パチンコ「巨大化」は終了? 過激な「巨大化競走」の終焉に歓喜の声が続々と……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!