NEW

北村友一騎手が戸崎圭太騎手を抑えて首位快走! 今年のサマージョッキーズシリーズは冷遇・中堅騎手による”下剋上”連発の異様な展開

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北村友一騎手が戸崎圭太騎手を抑えて首位快走! 今年のサマージョッキーズシリーズは冷遇・中堅騎手による下剋上連発の異様な展開の画像1

 今年も白熱した展開を見せているリーディング騎手争いだが、ここ3年は戸崎圭太騎手がリーディングを制しており、今年も快調に首位を走っている。

 ただ、中心となる上位陣の顔ぶれは、昨年と異なるのは3位だった川田将雅騎手が調子を落としている程度……。

 首位を走る戸崎騎手に加え、M.デムーロ、Cルメールの両外国人騎手。さらに関西からは競馬界のレジェンド武豊騎手に、先日通算2000勝を達成した福永祐一騎手、和田竜二騎手、関東からは成長株の田辺裕信騎手と内田博幸騎手など、まるで測ったかのように同じメンバーが顔を揃えている状況だ。

北村友一騎手が戸崎圭太騎手を抑えて首位快走! 今年のサマージョッキーズシリーズは冷遇・中堅騎手による下剋上連発の異様な展開の画像2

 今年のデータは先週までのものだが、年末の決着までここからそう大きく動くことはないだろう。今やエージェントによって管理された騎手界の壁は厚く、上記の表に名を連ねている有力騎手が実力馬を獲り合えば、下位の騎手にチャンスがありそうな馬が回ってくることは、そう多くないからだ。

 それは年間の戦いでなくとも、毎年の夏に開催されているサマージョッキーズシリーズでも如実に表れている。

 例えば、昨年のシリーズを制したのは、年間リーディングでも1位の戸崎騎手だった。

 そこにリーディング4位のデムーロ騎手、5位の福永騎手がベスト3を形成。下位陣から唯一、気を吐いたのが4位の藤岡康太騎手で、それでも昨年リーディング12位の実力者だ。そこからルメール、内田、和田、岩田騎手と軒並みベスト10に名を連ねる騎手が並んだ結果となっている。

 わずか2カ月程度の短期決戦であったとしても、重賞レースの着順をポイント化して争われているサマージョッキーズシリーズだけに、有力馬に騎乗する機会の多いリーディング上位騎手が圧倒的に有利なのは「自然な結果」といえるだろう。

 しかし、その一方で今年のシリーズは、例年とはまったく様相が異なる予想外の展開が起こっている。

北村友一騎手が戸崎圭太騎手を抑えて首位快走! 今年のサマージョッキーズシリーズは冷遇・中堅騎手による”下剋上”連発の異様な展開のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!