NEW

早実・清宮がいなくても350億円!? 大阪桐蔭・横浜など強豪集結の激アツ4日目に話題沸騰!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yakyuu0322.jpg

 台風5号の影響で、開会式が順延になった全国高校野球選手権。本日は夏空のもと熱戦が繰り広げられることになり、朝から日本中の注目を集めている。

 第99回を迎える今年。早稲田実業・清宮幸太郎内野手の出場を楽しみにしていた方は多いだろう。西東京大会準決勝・八王子学園八王子戦で、高校通算最多本塁打107号を達成。そんな偉業を達成したスーパースターの不在が、大会の盛り上がりに影響を与える可能性も叫ばれていた。

 ただ8月5日に「産経新聞」が報じた、「清宮が不在でも経済効果は過去最高になる」との記事が話題になっている。関西大学の宮本勝浩名誉教授が、過去2度行った夏の甲子園調査結果を上回る試算をまとめたと発表。今大会の経済効果は、約350億8000万円に上る可能性があると報じているのだ。全国高校野球選手権の経済効果が絶大であることに変わりはないということだろう。

 ちなみに清宮が出場していれば、この金額に35億円ほどのプラスが見込まれる可能性もあったようだ。やはり清宮幸太郎という男のスター性は疑いようもない。

 ただ、大会自体の盛り上がりに関しては、清宮不在の影響を大きく受けることはないのかもしれない。

早実・清宮がいなくても350億円!? 大阪桐蔭・横浜など強豪集結の激アツ4日目に話題沸騰!のページです。GJは、競馬、清宮幸太郎甲子園高校野球の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!