NEW

いよいよ復帰! かつては武豊を超える天才ともいわれた三浦皇成伝説をおさらいしよう

【この記事のキーワード】, ,
いよいよ復帰! かつては武豊を超える天才ともいわれた三浦皇成伝説をおさらいしようの画像1

 今週1年ぶりに復帰する三浦皇成騎手。かつては武豊を超えるデビュー1年目の最多勝利数を記録するなど、競馬界のホープといわれた人物だ。その三浦皇成騎手の復帰を記念し、ここまでの人生と数々の記録、その伝説を振り返ってみよう。

 三浦皇成を語るに有名なエピソードがある。小学5年生の時に電車である馬主の孫娘に席を譲り、手に怪我をしながらも席を譲ったその人間性に感心した馬主とデビュー後に再会したという話だ。この一件からもその人間性がよくわかる出来事といえよう。また母親が上京させるにあたって避妊具(コンドーム)を持たせたという話や、デビュー後は土浦の風俗にハマったという話も興味深いが、今回は騎手としての伝説を中心としよう。

 競馬学校では卒業時に最も成績が優秀だった生徒に贈られる「アイルランド大使特別賞」を受賞し、デビュー後も

・新人騎手年間最多騎乗回数を更新

武豊554回 → 三浦皇成790回

・新人年間最多勝記録を更新

武豊69勝 → 三浦皇成91勝

・JRA史上最速で通算100勝を達成(デビューから11か月7日)

・JRA史上最速でG1レースに騎乗(2008年スプリンターズステークス)

 といった素晴らしい成績を残した。また何かと比較された武豊と1年目の成績を比較すると以下のようになる。

■武豊(1987年デビュー)

騎乗回数 554回

勝利数 69勝

勝 率 12.5%

連対率 23.8%

複勝率 34.1%

1番人気の騎乗回数 75回

1番人気での勝率 32.0%

1番人気での連対率 50.7%

1番人気での複勝率 68.0%

いよいよ復帰! かつては武豊を超える天才ともいわれた三浦皇成伝説をおさらいしようのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか