NEW

秀岳館・鍛治舎巧監督の「勝ち組」人生に驚愕……疑惑の「サイン盗み」に「1万人リストラ」すべてを”闇”の中に堂々勇退へ

【この記事のキーワード】

, ,


鍛治舎氏は秀岳館の監督に就任する以前から、指導者として国内有数の実績がありました。だからこそ、まだ当時は無名に近かった秀岳館側も監督招致には相当な”苦労”が伴ったことは想像に難しくないですが、鍛治舎氏は秀岳館の監督就任と同時に、異例の待遇として系列校の中九州短期大学副学長に就いています。このことからも、通常の高校野球部の監督からは大きくかけ離れた”金の流れ”があった可能性は否めませんね」(記者)

 奇しくも鍛治舎監督にとって最後となる今年の甲子園は、監督就任当初に掲げた「3年で全国制覇」を達成するための最後の大会にもなっている。果たして秀岳館はどこまで勝ち上がるのだろうか、そして勝ち続けてきた男は見事「有言実行」を果たして自らの花道を飾るのだろうか――。

 いずれにせよ秀岳館のベンチ入りメンバーには熊本出身者が1人しかおらず、今年も地元の応援する人々にとっては、どこか寂しい夏になりそうだ。

秀岳館・鍛治舎巧監督の「勝ち組」人生に驚愕……疑惑の「サイン盗み」に「1万人リストラ」すべてを”闇”の中に堂々勇退へのページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!