NEW

ほしのあきもTBSも一安心? 今年の競馬で「屈辱的大敗」を喫した『バース・デイ』が三浦皇成騎手の"復帰秘話"を放送決定

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この姿に、夫の復帰を見守ったほしのあきが大きな感慨と共に胸を撫で下ろしたことは述べるまでもないだろう。ただ、そういった近しい関係者と同じくらい"一安心"したのは、おそらくTBSの番組関係者だ。

「(TBS系列のドキュメンタリー番組)『バース・デイ』が、三浦騎手の復帰を密着取材していたようですね。すでに今月26日の放送も決まっているとか。前回が"アレ"だっただけに、番組関係者は三浦騎手の勝利にガッツポーズしてるかもしれませんよ」(記者)

『バース・デイ』といえば前回競馬をテーマに扱ったのが、お手馬のカデナと共に今年の日本ダービー(G1)制覇を目指した福永祐一騎手の特集だった。それも「落馬負傷で引退を余儀なくされた父の悲願となる日本ダービーに息子が挑む」という非常に重いテーマである。

 ところが公式ホームページの番宣から「執念」「決死の覚悟」といった真剣なフレーズが飛び交う中、いきなりTBSが"やらかす"。なんと主役の相棒カデナの馬名を「カナデ」と誤って表記......案の定、ネット上の競馬ファンに取り上げられ前途多難な船出となった。

 これでケチがついてしまったのか、番組にとって最も肝心な日本ダービーの結果でカデナは後方から特に見せ場もなく11着に大敗。レースぶりは、後に福永騎手本人が自己嫌悪に陥るほど内容の薄いものであり、TBSは結果的に日本ダービーの8番人気11着馬のドキュメンタリーを放送せざるを得なくなる"痛い"展開に......。

ほしのあきもTBSも一安心? 今年の競馬で「屈辱的大敗」を喫した『バース・デイ』が三浦皇成騎手の"復帰秘話"を放送決定のページです。GJは、競馬、TBSほしのあき三浦皇成の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!