NEW

調教師の「お調子発言」にファンが総ツッコミ!? 「超久々2000m」のサウンズオブアースが札幌記念(G2)で"覚醒"する理由とは......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
調教師の「お調子発言」にファンが総ツッコミ!? 「超久々2000m」のサウンズオブアースが札幌記念(G2)で覚醒する理由とは......の画像1
サウンズオブアース(競馬つらつらより)

 先週13日に行われた関屋記念(G3)で見事、7番人気の低評価を覆して重賞3勝目を飾ったマルターズアポジー。

 しかし、レース後、満面の笑みを浮かべていた堀井雅広調教師の「もともと1600mが最適の距離だと思っていた。ベストの舞台で実力を発揮できた」(サンケイスポーツ)発言には、思わず「オイオイ」とツッコミを入れたファンも多かったのではないだろうか。

 何故なら、マルターズアポジーは年10月にオープンクラスに昇格して以来、今回まで一度もマイルのレースを使われたことがなかったからだ。

 実際にオープン入りとなった1600万下はマイルで勝ち上がっていたのだが、それからはマイルを走るどころか、2500mの有馬記念にも挑戦して大敗......完全に"逆走"していた。

 とはいえ、骨太のメンツが揃った関屋記念を制し、サマーマイル王だけでなく、秋のマイルCS(G1)まで見えてきたマルターズアポジー。今後はマイル路線の"台風の目"になるかもしれない。

 ならば2匹目のドジョウではないが、今週20日の札幌記念(G2)に出走するサウンズオブアース(牡6歳、栗東・藤岡健一厩舎)も積極的に狙っていくべき存在ではないだろうか。

 何故なら、今回陣営が「久々の2000mへの対応がカギ」と話している通り、実はサウンズオブアースは3年前の4月にオープン入りしてからというもの、一度も2000mを使われていないからだ。本来ならマイナス要素に見られがちだが、これは先述したマルターズアポジーと「ほぼ同じパターン」といえる。

 すでに菊花賞、ジャパンC、有馬記念と超一流どころのG1で2着の実績があるサウンズオブアース。充実著しいヤマカツエースやエアスピネルなど強豪が揃った今回でも、実績はこの馬がNo.1となるが、その反面、ここまで21戦2勝ととにかく勝ち切れない競馬が続いている。

調教師の「お調子発言」にファンが総ツッコミ!? 「超久々2000m」のサウンズオブアースが札幌記念(G2)で"覚醒"する理由とは......のページです。GJは、競馬、JRAサウンズオブアース札幌記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!