NEW

「雷神」モレイラ騎手が今年も堂々登場! 「日本馬で海外G1勝ちまくり」の存在感変わらず、札幌記念ではあの素質馬に騎乗

【この記事のキーワード】
「雷神」モレイラ騎手が今年も堂々登場! 「日本馬で海外G1勝ちまくり」の存在感変わらず、札幌記念ではあの素質馬に騎乗の画像1

 今週末の中央競馬・札幌開催より、香港の「雷神」J.モレイラ騎手が登場。今年も大きな注目を集めること必至だ。

「スポーツ報知」のインタビューに応えたモレイラ騎手は、「札幌はナイス」とレースレベルや環境を非常に気に入っている様子。一昨年、昨年とWASJで札幌に参戦しているが、2015年は2日で7勝2着4回、2016年は3週騎乗で17勝2着12回という驚異的な成績を残してJRA騎手を圧倒。それだけ騎乗馬が集まるという点から見ても、その騎乗技術から見ても世界的な実力者であることを証明している。

 さらにここ1年近くで、モレイラ騎手は日本競馬ファンにとっても欠かせないものとなりつつある。昨年春のチャンピオンズマイル(香港G1)でマイル王モーリスを圧勝に導き、夏の札幌で大活躍。年末の香港ヴァーズ(G1)でサトノクラウンに騎乗し、世界王者ハイランドリールを撃破。

今年に入ってもドバイターフ(G1)をヴィブロスで勝利し、クイーンエリザベス2世C(香港G1)をネオリアリズムで完勝……今や「海外G1はモレイラに任せればOK」といった状況である。

 今年は今まで以上に注目を集めるに違いないモレイラ。今週末の札幌記念では昨年覇者ネオリアリズムに騎乗する予定だったようだが、直前で回避。これは確かに残念だが、このままでは終わらない。復帰戦を圧勝したマウントロブソンへの騎乗を予定している。

「7月23日の福島TVOPを圧勝したマウントロブソンは、エアスピネルやヤマカツエースら強豪が集まる中『台風の目』という扱いでしたが、モレイラ騎手が乗るとなれば一気に『本命視』されてもおかしくないでしょう。

マウントロブソンも3歳時か評価の高い素質馬だけに、札幌記念で上位に入れば一気にG1戦線の一角となれます。モレイラ騎手が勢いをつける可能性は十分ありますね」(競馬記者)

 いずれはJRA所属騎手に、という声も多いモレイラ騎手。今年も「稲妻」が札幌に炸裂しそうだ。

「雷神」モレイラ騎手が今年も堂々登場! 「日本馬で海外G1勝ちまくり」の存在感変わらず、札幌記念ではあの素質馬に騎乗のページです。GJは、競馬、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール