NEW

嵐・松本潤を三浦翔平が「スターとべた褒め」も世間は冷たい視線!? ゲスすぎる「アノ騒動」のイメージ払拭不可か

【この記事のキーワード】, ,
嵐・松本潤を三浦翔平が「スターとべた褒め」も世間は冷たい視線!? ゲスすぎる「アノ騒動」のイメージ払拭不可かの画像1

 10日に放送された『VS嵐』(フジテレビ)に、ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ)チームとして窪田正孝、永野芽郁、間宮祥太朗、葉山奨之、今野浩喜、岡崎紗絵、三浦翔平、プラスワンゲストとして博多華丸・大吉が出演に出演。大規模ゲームを楽しんだわけだが、その中でのやり取りが静かな話題となっている。

 番組では、三浦が「逃げ出したいと思った状況」というテーマで三浦翔平が松本潤とのエピソードトークを展開。その中で、「僕はつい先日先輩たちと飲ましてもらっていて、潤さんもいらっしゃったんですけど、次の日早かったんでそろそろ帰りたいなというオーラを出していたら、潤さんが『おー、いいよ! いいよ!』と言いながら、目がめっちゃ怖いんですよ」と三浦が暴露。松本は笑いながらそれを否定したが、「でも、最後一番優しかったですね」とフォロー。松本は納得がいかなかったようで「最後だけじゃない! ちゃんと優しかった」と訂正している。

 さらに三浦が「スター感がすごい」と松本をべた褒め。食事では会計の際、ジャンケンで支払う人を決めているそうだが、毎回松本がおごってくれるようで「とにかくスター。周りが光ってるなってよく周りの友だちと言ってます」と感想を述べた。松本は困ったように笑うしかなかったようだが……。

「松本のオトコ前エピソードはよく聞かれますが、最近ではそれに冷たい視線をなげかける声も多いのが現実です。昨年末の松本の井上真央と葵つかさの二股愛では、女性ふたりが週刊誌の直撃に答えたものの、彼はまったくスルー状態。それから好感度は急落し、7月18日発売の『週刊女性』の前回1位だった『抱かれたい男グランプリ』で8位に。さらにはこれまで名前があがっていなかった『抱かれたくない男ランキング』でも9位に登場しています。ゲスすぎる素顔がバレてしまったことが大きな要因なのは言うまでもありません」(記者)

嵐・松本潤を三浦翔平が「スターとべた褒め」も世間は冷たい視線!? ゲスすぎる「アノ騒動」のイメージ払拭不可かのページです。GJは、その他、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • その他
  • 総合
  1. 乃木坂46齋藤飛鳥の「脇毛」にファンが大騒ぎ? 以前には「写真集買え」で炎上も……
  2. ホリエモン「マジこいつクソ」とSBI社長・北尾吉孝氏を糾弾に称賛? 10年以上前の「因縁戦争」終わらず?
  3. 『天空の城ラピュタ』31年目の「作画ミス」発見に驚愕! パズーは「人間じゃないから」の声も……
  4. 今井絵理子「やばい動画」流出で言い訳無意味に!? 今後もさらなる流出続くか
  5. 広瀬すず、広瀬アリス兄「逮捕」の衝撃……最悪の「交通事故内容」で姉妹のCMや「NHK朝ドラ」にも大影響?
  6. 秀岳館・鍛治舎巧監督の「勝ち組」人生に驚愕……疑惑の「サイン盗み」に「1万人リストラ」すべてを”闇”の中に堂々勇退へ
  7. 水樹奈々のライブで甲子園球場に「過去最悪」「まるで工場跡地」の被害……無配慮アーティストたちの遍歴と、数少ない「例外」とは
  8. マツコ暴露「整形芸能人」は「変わりすぎ」石原さとみに深田恭子と憶測!? 「癒し系歌手」の正体はあの大物シンガーか……
  9. 阪神・藤浪晋太郎「侮辱行為」で巨人・北村拓己、大炎上!? プロ3年目「当てられる前に、しっかりバットに当てて行きましょう!」今シーズン「死球0」を完全無視……
  10. ワンオク「活動休止」も……ドラムTomoya「淫行」発覚。異常「性癖」に嫌悪感多数、世間の目厳しく