NEW

【北九州記念(G3)展望】サマースプリントシリーズ第4戦!シリーズ優勝へ名乗りを上げるのはどの馬か?

【この記事のキーワード】, ,
【北九州記念(G3)展望】サマースプリントシリーズ第4戦!シリーズ優勝へ名乗りを上げるのはどの馬か?の画像1

 20日(日)の北九州記念(G3)はサマースプリントシリーズの折り返しとなる重要な1戦。ここまで行われてきたサマースプリントシリーズ3戦の優勝馬が揃って不在となっており、ここで勝利を収めることができればシリーズの優勝争いにも絡んでいくことができる。夏の小倉競馬場にスピード自慢が集結した。そんな北九州記念(G3)への出走を予定している注目馬を紹介する。

 今年のサマースプリントシリーズ3戦目の出走となるアクティブミノル(牡5、栗東・北出厩舎)が、実績と最近のレースぶりを考えると優勝に一番近い存在だろう。2歳時には函館2歳S(G3)、3歳時にはセントウルS(G2)を勝利している実力馬だったが、それを最後に勝利から遠ざかった。今年に入ってからは更に不調が続き、OP特別のレースでも掲示板を確保することができない時期もあった。それでも初めてブリンカーを着けて挑んだ2走前のCBC賞(G3)では、重賞を勝っていた時のような逃げる競馬で粘りをみせ、3着と久しぶりに重賞で好走し復調を感じさせた。前走のアイビスサマーダッシュ(G3)では有利と言われる外枠を引き当て、重賞勝ちも十分あり得ると思われたが結果的には4着とあと一歩及ばなかった。しかし上位陣がすでに特殊な条件といわれる直線競馬で結果を残している馬であったことを考慮すれば大きく負けたわけではないはずだ。ブリンカー着用の効果で良かった頃のレースができるようになっているだけに、2年ぶりの勝利を掴み取りサマースプリントシリーズの首位に立ちたいところだ。

 今年に入ってから馬券圏内を外していないキングハート(牡4、美浦・星野厩舎)は崩れない安定感がある。前走の函館スプリントS(G3)でも直線で外から力強く伸びて2着となったように強力なメンバーを相手にしても通用する能力があることを証明してみせた。この時の勝ち馬には0.4秒差を着けられているが、斤量差が6kgあったので決して力負けというわけではないだろう。小倉競馬場の芝1200メートルのレースは過去に3戦して1勝、2着2回と得意とする条件。前走に比べればメンバー的にも楽になり重賞制覇を達成する絶好のチャンスとなりそうで、充実ぶりが目に見える今ならば結果を残せるはずだ。

【北九州記念(G3)展望】サマースプリントシリーズ第4戦!シリーズ優勝へ名乗りを上げるのはどの馬か?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  4. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  9. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  10. JRAイクイノックスは「10番目」の地雷!? C.ルメール泥沼29連敗から脱出も…ダービーで追い風吹くのは「失態続き」の武豊