NEW

上原多香子の不倫相手が衝撃「デビュー」!? アイラブ”トントン”はわざとなのか、それとも……

【この記事のキーワード】, ,
上原多香子の不倫相手が衝撃「デビュー」!? アイラブトントンはわざとなのか、それとも......の画像1

 今年も多くの新馬がデビューを飾っている。その中の1頭の走りを見て、来年のクラシックを賑わせてくれそうだと笑みを浮かべる競馬ファンも多いことだろう。

 そんな中、まだレースへ出走していないにもかかわらず、異例の注目を集めることになった1頭の馬がいる。それがアイラブトントン(牡2歳、美浦・浅野洋一厩舎)だ。

 同馬は、父がスクリーンヒーロー、母はネローリ、母父はラムタラという血統。4月に行われたJRAブリーズアップセールにおいて1,100万円で競り落とされた。まだターフデビューは飾っていないものの、すでにゲート試験には合格しているようだ。だが、さして良血というわけでもない。やはり、この馬が注目されているのはその馬名ゆえだ。

「先日、『SPEED』の上原多香子が『女性セブン』(小学館)で、夫のTENNさんが2014年9月に自殺した遠因に彼女のダブル不倫があったと報じられました。記事にはTENNさんの直筆の遺書のほかにその相手だった阿部力とのツーショット写真、さらには上原から阿部へ『トントン(中国名『リー・トントン(李冬冬)』である阿部の愛称)に会いたいよ。旦那さん、大事だけどそれ飛び越えてる』などのLINEでのやり取りも公開されています。

 そのため、この『アイラブトントン』という馬名が、この騒動に便乗して付けられた名前ではないかと一部で話題になっているんです。たしかにタイムリーではありますが、この馬が名付けられたのはこの騒動より前なので、偶然だったのでしょう。ですがそれはそれで恐ろしく、上原さんの目からすればすさまじい “皮肉”に写るのではないでしょうか」(記者)

 動向はあまり聞こえてこないが、順調に成長を遂げていれば近いうちに出走するのではないかと見られているアイラブトントン。名前ではなく、その走りでファンの興味を引くことができればいいのだが……。

上原多香子の不倫相手が衝撃「デビュー」!? アイラブ”トントン”はわざとなのか、それとも……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?