NEW

武豊が「盟友」の仔でサマーチャンピオン(G3)制覇! “エアスピネル・ロス”を払拭する勝利に「やっぱり、あなたはスーパースター!」

【この記事のキーワード】, ,
武豊が「盟友」の仔でサマーチャンピオン(G3)制覇! エアスピネル・ロスを払拭する勝利に「やっぱり、あなたはスーパースター!」の画像1

『見事な手綱捌き!やっぱり、あなたはスーパースター!武豊!』

 16日、佐賀県鳥栖市の佐賀競馬場で交流重賞サマーチャンピオン(G3)が行われ、武豊騎手騎乗の2番人気ラインシュナイダー(牡5歳、栗東・沖芳夫厩舎)が優勝した。

 実況アナウンサーが思わず絶賛するほどの神騎乗を、JRAのレジェンドが九州の地で魅せた。

 ダート1400mを11頭立てで行われたレースで、武豊騎手のラインシュナイダーはややスタートで遅れたものの、外からスムーズに進出すると好位の3番手をキープ。第3コーナーで、1番人気だったタムロミラクルが強烈なまくりを見せ、満を持して先頭に躍り出たラインシュナイダーと並ぶような形で最後の直線へ。

 最後は2頭のマッチレースとなったが、ラインシュナイダーがまるで測ったかのようにアタマ差だけ粘り切った。

「スタートはあまり良くなかったが、ペースも落ち着き、いいポジションが取れました。前もしぶとく、後ろからも来られましたが、並ばれてから力を発揮するタイプなので強い競馬ができました。今年に入って馬が充実しているので、これからもっと強くなりそう」

 佐賀競馬の交流重賞では2011年の佐賀記念(G3、メテオロロジスト)以来の勝利に、「久しぶりの重賞制覇で嬉しい」と語った武豊騎手。この勝利にはネット上の競馬ファンも「さすがユタカ」「騎手の腕で勝たせた勝利」「小回りの地方はホント上手」など、熟練の騎乗技術に絶賛の声が飛び交った。

 重賞9勝と暴れまわった昨年ほどではないが、今年もこれで交流重賞は3勝目。JRAだけでなく、全国各地の地方競馬場でも圧倒的な存在感を放っている。

 先日は騎手として辛いことがあった。母の主戦であり、デビュー戦からコンビを組んでG1制覇を目指していたエアスピネルの主戦降板劇だ。騎手としてデビュー戦からコンビを組んできたお手馬が自らの手から離れるのは辛いが、近年の武豊騎手は苦しい時こそ「交流重賞」で勢いを取り戻している感がある。

武豊が「盟友」の仔でサマーチャンピオン(G3)制覇! “エアスピネル・ロス”を払拭する勝利に「やっぱり、あなたはスーパースター!」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  3. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  4. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  5. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  6. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  7. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  9. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  10. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠