NEW

武豊「エアスピネルを捨ててでも会いたい」馬!? 小倉競馬アイドルの「花道」に駆け付けるための乗り替わりか

【この記事のキーワード】, ,
武豊「エアスピネルを捨ててでも会いたい」馬!? 小倉競馬アイドルの「花道」に駆け付けるための乗り替わりかの画像1

 武豊騎手が今週の札幌記念(G2)でエアスピネルに騎乗しないのは、競馬界ではちょっとした事件として語られている。

 デビューからここまで一貫して武騎手が騎乗してきたエアスピネルだが、今回はC.ルメール騎手が鞍上に。昨年はクラシックを皆勤して3着が最高、今年は年明けの京都金杯こそ勝利したものの、その後は「善戦マン」に逆戻り。安田記念では見慣れない後方からの競馬で5着敗退と、武騎手の騎乗に対する不満も多く聞こえてきた。

 そんな中での乗り替わり。エアスピネルが秋の大目標を天皇賞・秋としていることから、同じく武騎手が主戦を務めるキタサンブラックとのバッティングを避ける措置という見方が有力ではあるが、もし陣営が騎乗に高い満足度を得ていたのだとしたら、前哨戦となる札幌記念には武騎手が続いて乗っていたのではないだろうか。その証拠に、ルメール騎手はこのレースだけの突貫コンビだ。

 管理する笹田厩舎の、武騎手への信頼が揺らいでしまったのか……そう思われても仕方がない部分があるが、ここへきて「別の理由」が浮上している。

 札幌記念が開催される20日、武騎手は裏開催の小倉に参戦する。メインレースである北九州記念(G3)では、人気の一角ダイアナヘイローに騎乗。札幌記念のうっぷんを晴らす絶好の機会といえるわけだが……。

 武騎手にとって、20日に小倉競馬場にいることにはもう一つ「重大な意味」がある。

武豊「エアスピネルを捨ててでも会いたい」馬!? 小倉競馬アイドルの「花道」に駆け付けるための乗り替わりかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!