NEW

パチスロ10月は新台なし? 業界を救ってきた「アイツ」に動きが……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachisuroki.jpg

 現行の新基準5.5号機の販売が9月で終了するパチスロ業界。その影響で8月から9月にかけ、激しい新台ラッシュが展開される予定だ。

『花の慶次~天を穿つ戦槍~』や『イノキロードトゥゴッド』、『北斗の拳 新伝説創造』『AKB48 勝利の女神』などビックタイトルが立て続けにリリース。一撃性を秘めている5.5号機から、ヒット作を生み出そうと必死になっている状況だ。

 しかし10月からは「3000枚リミッター機能を搭載」「ARTの設定差を撤廃」「有利区間の滞在比率は70%未満」などの特徴を持つ、5.9号機のみが新台として設置可能。その後は、出玉獲得性能が見直された6号機時代へ突入することが決定している。

 検定を受けた日から3年間は設置することが許可されているため、問題が起きない限り旧基準機が完全に撤去されることは先の話だ。ただ2017年の12月には「30%未満にする」という計画が存在しているように、今後も減台されていくことは間違いない。

 そのように考えれば販売が9月で終了する5.5号機や、10月から導入される5.9号機が重要な役割を担っているとも言えるだろう。しかし、そんな5.9号機に関する不安な情報が話題になっている。

パチスロ10月は新台なし? 業界を救ってきた「アイツ」に動きが……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!