NEW

なぜ『ドラゴンボール』パチンコ化しないのか? 国民的アニメの頂点に立つ大ヒット作が"ギャンブル落ち"しない「2つ」の理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「作者の鳥山明氏が『大人のギャンブルに使われる事を嫌っている』という説が、昔からネット上では飛び交っています。確かにパチンコはギャンブル的イメージが強いですから。あくまでも子供向けの作品ですから、イメージが壊れることを拒否してもおかしくはないですよね。作者が反対しているのだとすれば、実現することは難しいでしょう。

 あとは版権の問題でしょうね。アニメの版権料は人気によってさまざまですが、10年くらい前であれば人気の高い版権の許諾料は1億円程度だったようです。しかし現在は、そのレベルではなく『ドラゴンボール』クラスであればとてつもない金額とも言われています。

 さすがにヒット確実だと分かっていても、莫大な金額を回収できるかは分かりません。躊躇するのは当たり前ですよね。つまりメーカー側としては『出したくても出せない』というのが本音なのではないでしょうか。未だパチンコ化を求める声は絶えませんが、実現する可能性は極めて低いと言えるでしょうね」(パチンコライター)

 パチンコ・パチスロ化することによって、アニメ側に生まれるメリットもある。その影響で、過去の作品やCDが売れることも珍しくはない。捻出された「パチンコマネー」で、続編や映画化の作成が実現することもあると言われている。

 しかし、未だ国内外で莫大な利益を上げている『ドラゴンボール』サイドにとって、「パチンコマネー」の力を借りることはデメリットの方が多い、と感じてしまう部分もあるのではないか。その上で、ネット上で囁かれている作者・鳥山明氏の「パチンコに対するイメージ」が関係しているのであれば、応じることはまずないだろう。

 メーカー側にも「高価な版権の問題」が存在しているのであれば、多くのユーザーが求める『ドラゴンボール』パチンコ・パチスロ化の実現は夢と言わざるを得なそうだ。

なぜ『ドラゴンボール』パチンコ化しないのか? 国民的アニメの頂点に立つ大ヒット作が"ギャンブル落ち"しない「2つ」の理由のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、ドラゴンボールパチンコ北斗の拳の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!